舩井幸雄写真館(船井幸雄写真館)

このページは、ありし日の舩井幸雄の日々の活動や船井グループのイベントなどの様子、その他もろもろを写真でご紹介したアルバムです。

2009年10月

2009年10月29日
 
ティルムルガンさん(右)と通訳のインド人男性(左)。
 今日、品川オフィスにインドの占星学者のスブラマニアン・ティルムルガンさんが通訳のインド人男性と、(株)シーティーエルの佐藤友映さんと一緒にいらっしゃいました。
 ティルムルガンさんのことは、船井幸雄の著書『この世の役割は「人間塾」』(ビジネス社)をはじめ、いろいろな著書で紹介しているので、ご存知の方も多いことでしょう。以前、何の情報もなく、船井の個人的なことも含めた過去をほぼ100%当てて驚かせたインドの占星学者です。インドでも占星学の第一人者の評判の科学者です。
 
佐藤友映さん(右)と船井幸雄(左)。
 
今回の面談は、船井が(ティルムルガンさんに)「会いたいな」と思っていたら、ちょうど佐藤さんより連絡があり、スムーズに面談が実現したようです。まさにそれは「神の取り計らい」のようなベストタイミングだったようです。
 
船井の今後をチャートで説明してくれて
います。ティルムルガンさん(真ん中)の
額の白いラインはハーブでできたもので、
付けると頭がクリアになるのだそうです。
 さらに今回、ティルムルガンさんからいただいたメッセージは、まさに、3年近くも体調が悪く苦しんでいる船井を勇気づける希望の言葉で溢れていました。
 まだ口の中が痛くて困っている船井に対してティルムルガンさんは、「星の動きによると、今年の12月7日から船井先生の体の具合は良くなります。これまで体調が悪かったのは、いわゆる修行の時期だったのです。肉やお酒などを断食することで、健康をリセットする必要があったのです。気づきをもたらすために、(神様が)意図的にブレーキをかけたのです。これまでの偉人の方の多くに、そのような時期がありました」とお話しされました。
 さらに、「船井先生には今後も大事な役割がたくさんあり、その役割をより幅広く、より大きく果たしてもらうためにこれまでの(体調を崩した)期間がありました」と続けました。
 
最後に二人で握手をして。
外はすっかり暗くなりました。
 その言葉に対して船井は、「それを聞いて安心しました。自分でももう大丈夫だと思っています」と話していました。
 さらに、いまの世界経済についてティルムルガンさんは、「いまは、世界中の人たちに考えさせるための時期です。世界中の人々がリセットする必要がある時期なので、世界経済はそう簡単には良くなりません。とはいえ、世界戦争は起こりません。そしてマヤの暦が言っている2012年のことも(局部的には何かあるかもしれないが、全体的には)起こらないでしょう」とおっしゃっていました。
 最後にティルムルガンさんは、「日本が今後、世界の国々にとっての模範の国となるでしょう。船井先生には、それをリードしていくお役目があります。そして人々の精神的な悩みや不安、恐怖を取り除いて、人々に元気を与える役目もあります。だから12月頃から体の具合はよくなります」と語り、船井を安心させてくれたようでした。


★(株)スピリチュアルライフでは、ティルムルガン先生の個人セッションなども主催しています。ご興味のある方はどうぞお問い合わせください。
詳細はコチラ→ http://spirituallife.co.jp/
★佐藤彰紘さんと佐藤友映さんの共著『あなたはなぜ生まれてきたのか』(ビジネス社刊)好評発売中。
船井幸雄
本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター