船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
夢から覚め奇跡を生きる
2017.3.6(Mon)
社名:(株)にんげんクラブ
名前:柴切 純子

皆さまこんにちは。今日からこの社員コラム「本音で生きよう」は
45周目を迎えます。いつもお読みいただき、どうもありがとうございます。

3月になりました。本当に早いですね。
春は別れと出会い、新しい旅立ちの季節です。
私の誕生月でもあるので、新年より、この季節は特に節目を感じます。

今年こそはと思います。
でも、新しく一歩を踏み出すのは勇気がいります。
変わるのが怖い、この不安はどこからくるのでしょう。

気が付けば、当たり前のこと、当然と思っていること、
こうしなければならない、そんなはずはない、
今まで繰り返してきたことで、
がんじがらめになっているような気がします。


私は何に縛られて、何を悩んでいるのでしょう。

そんな時に、ふっと心に入ってくるものが、
大きなヒントと安らぎをくれたりするものです。

『奇跡のコース』をご存知ですか。
真実の生き方を教えてくれる、世界的ベストセラーです。

「私たちが抱えている問題、これもまた幻想にすぎません。
そうした夢から覚め、真実の生を生きましょう」


その時に受け取るメッセージは、きっと何か意味があるはずです。

香咲 弥須子(かさき やすこ)先生は、ニューヨークを拠点として、
『奇跡のコース』を学び、伝え続けてくださっています。
日本にも『奇跡のコース』を伝えるために、
年に数回セミナー・ツアーがあります。
にんげんクラブの四ツ谷のセミナールームでの開催は、
今回で3回目となりました。
本当に、貴重な機会をいただけて、感謝しています。


今回はどんなメッセージをいただけるのか、ドキドキしています。


また、リニューアルした『ザ・フナイ』4月号から、
香咲弥須子先生の連載「『奇跡のコース』とニューヨーク」が
始まりました!!


『奇跡のコース』を初めてお知りになった方に、
特にいらしていただきたいと心から願います。

今回は『ザ・フナイ』購読者の方にも、特別価格を設けました。

ぜひ、この機会に、今必要なメッセージをご一緒に受け取りませんか。
お待ちしています。

香咲弥須子先生「夢から覚め奇跡を生きる」セミナー&ワーク(3/19)
http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/2017/01/319_1.html


12周目:「ほんものに出会うこと」
13周目:「次の山を目指して」
14周目:「青空を見上げながら」
15周目:「ことむけやわす」
16周目:「うしとらの夫婦」
17周目:「目には見えないけれど」
18周目:「素直に生きる」
19周目:「日本人の誇り」
20周目:「環境に感謝」
21周目:「希望の言霊」
22周目:「新しい出会いを」
23周目:「かみさまとのやくそく」
24周目:「今度はエドガー・ケイシーです!」
25周目:「まずはマネをして自分なりに考えて」
26周目:「究極の速読法を体感してほしいです」
27周目:「冬も、にんげんクラブにご期待ください!」
28周目:「にんげんクラブにいらしてください」
29周目:「人生を生きるヒントになれば」
30周目:「居場所がわかるカレンダー」
31周目:「四ツ谷になって」
32周目:「健康診断に行きました」
33周目:「みんな違って、みんないい」
34周目:「「舩井フォーラム2015」ありがとうございました!」
35周目:「東京グランドホテルでお会いしましょう!」
36周目:「本当の自分とは」
37周目:「穏やかに安らかに、楽しく生きるために」
38周目:「厳しさと優しさ」
39周目:「人それぞれ」
40周目:「出会いってすばらしい」
41周目:「目には見えないもの」
42周目:「舩井フォーラムありがとうございました。」
43周目:「2017年を愛ある年に」
44周目:「神様からのメッセージ」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.092017.082017.072017.062017.052017.04 ・2017.03 ・2017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター