船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
チームワーク
2017.3.22(Wed)
社名:(株)本物研究所
名前:両角 真理子

舩井幸雄.comをご覧の皆さま、こんにちは。
本物研究所の両角です。

徐々に暖かくなり、木々の蕾の膨らみに春を感じる季節になりました。
本日はまず、私が営業担当させていただいております代理店さまよりご覧の皆さまへプレゼントのご案内をさせていただきます。

---------------------------------------------
(本物研究所特約店Batonより。)

“舩井幸雄先生の直筆名言”
パソコン用壁紙をプレゼント!

↓応募サイトはこちら!本物研究所特約店Baton↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a6485b92499158
“お名前、メールアドレス”をご登録いただくだけです。

パソコンの画面へ「舩井幸雄先生の直筆名言」を設定することで、顕在意識での認識はもちろん、潜在意識へも無意識に舩井先生の言葉がしみ込んでいっているような気がします。「舩井先生から共に学んでいる方々とも共有させていただきたい!」と思い、無料でプレゼントさせていただきます。(※期間限定)

本物研究所特約店Batonより。
---------------------------------------------

さて、本日はチームワークという観点から、先日私が関わらせていただきました、本物研究所の代理店さまサポートセミナー「全力セミナー」の企画・運営から学ばせていただいたことを書かせていただきたいと思います。

「全力セミナー」は、定期的に別のメンバーが企画・運営をいたします。
今回は私と男性2人、普段は別々の仕事をしている3人でチームを組みました。

開催は舩井幸雄が暮らしていた熱海にて1泊2日の研修。
※現在、舩井幸雄の住居は記念館となっています。
http://www.funaimemorial.com/

創業当初、このセミナーは毎回熱海で行っており、近年は東京で行っておりましたが、リーダーの強い思いで熱海での開催が決まりました。

当日は弊社代表の佐野浩一からの講義や“ほんもの”商品を使用したランチワークショップはもちろん、“舩井幸雄記念館”、ご縁の神様“来宮神社”、地域おこしに成功した“熱海銀座商店街”へも訪れ、最後には舩井幸雄のお墓参りへも行かせていただきました。
とにかく盛りだくさんな内容でした。

終了後の反省会では、お互いへの労いとともに、フィードバック、そして心のうちをわかち合いました。

以前、学んだことのある『あなたのチームは、機能してますか?』パトリック・レンシオーニ著(発行:株式会社翔泳社)では、チームワークについて下記のように記されています。

たいていの企業において本物のチームワークはいつになっても実現しにくいものであること。
組織がチームワークの実現に失敗するのは、自然だが危険な五つの落とし穴に気づかぬうちに陥ってしまうせいである。この五つの落とし穴を、筆者はチームの五つの機能不全と呼んでいる。

@信頼の欠如
A衝突への恐怖
B責任感の不足
C説明責任の不足
D結果への無関心

(以上『あなたのチームは、機能してますか?』パトリック・レンシオーニ著(発行:株式会社翔泳社)より一部転載)

“私たちのチームは機能していただろうか。”
私はそんな問いかけと同時に、今回私たちは「全力セミナーを行う目的」について多くの時間を費やしたことが思い出されます。膝を突き合わせ、“セミナーに参加してくださる代理店さま”に思いを馳せました。

そして、企画案がその“目的”とぶれていないかどうかにこだわりました。
良い企画案やアイデアはたくさん出てくるけれど決められない時、メンバーはなぜこのアイデアが良いと思うのかを共有できない時に、この時間をかけて決めた“目的”はとても役に立ちました。そして、チームがどこに向かっているのか、がわからなくなった時に戻る場所であったようにも思います。

人は、それぞれ大切にしていることの優先順位が違います。
だからこそ、お互いが意見を述べ合うこと、お互いを活かすこと、尊重しゆだねてみること、相手を信じて、伝えにくいことを伝えること(相手を否定することではなく)ができる関係はとても貴重で豊かな関係だと思いました。

時代は男性性から女性性へ。
そして心の時代ともいわれています。

時代が変わりゆく中で、働き方についても見直しがされはじめ、これまで常識だったことが、常識でなくなってきています。

でもきっと、それはやり方や関わり方が変わっていくのであって、志しや思いがこれからも世の中をつくっていくのだと感じています。

最後までお読みくださりありがとうございました。


2周目:「私の夢」
3周目:「いま思うこと」
4周目:「「伝える」と「伝わる」」
5周目:「出逢いからいただいたこと」
6周目:「未来のエネルギーを考える」
7周目:「本来の潜在能力を活かす香り」
8周目:「最近思うこと 〜ザ・マネーゲームからの脱出〜」
9周目:「1日を感じてる」
10周目:「「ほんもの商品」ストーリー」
11周目:「わたしの東京探訪」
12周目:「Finding flow!(フローの発見)」
13周目:「ご縁は特別なプレゼント」
14周目:「象さんのこどもも本当にお鼻が長いの?」
15周目:「日本人の絆」
16周目:「感じてますか?」
17周目:「水からのプレゼント」
18周目:「「幸働観(こうどうかん)」から学ぶ」
19周目:「合気道はじめました!」
20周目:「今を活かす」
21周目:「私が自分らしくいるために」
22周目:「株式会社本物研究所 企業理念“ほんもの”で笑顔をつなぐ」
23周目:「本物時代を感じながら……」
24周目:「心の声を聴く」
25周目:「人間関係について」
26周目:「より純粋に素直に感じる」
27周目:「いま私にできることを大切にしたい」
28周目:「光の療法 アーク光線治療器」
29周目:「現代ストレス社会の救世主!?」
30周目:「自分らしく生きるコツ」
31周目:「豊かさを生み出す季節!?」
32周目:「長所と短所」
33周目:「自分らしさに気づくために」
34周目:「あたえられているものに気づく」
35周目:「“涙活”で心のデトックス」
36周目:「オリエンタルベジを学びはじめました!」
37周目:「魔法の飲みもの“白湯”」
38周目:「菜食で心を整える」
39周目:「幸せになる勇気」
40周目:「しなやかな人間関係」
41周目:「癒しの時」
42周目:「しんさいニート」
43周目:「しなやかな心」
44周目:「“麻の実”で味噌づくりワークショップを行いました!」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.092017.082017.072017.062017.052017.04 ・2017.03 ・2017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター