船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
新型コロナ騒動退散!妖怪「アマビエ」現る!
2020.3.19(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:越川 弘太郎

昨今は、皆さまご存じの「新型コロナウィルス」が
世界中に広がりを見せ、全世界に衝撃を与えております。

そんな最中、WEBニュースやSNS上ではある事物が
盛んに取り上げられております。

それは妖怪「アマビエ」。

その昔、江戸時代に肥後の国に出たという妖怪。
アマビエは、弘化3(1846)年、肥後国(現在の熊本県)の海に現れたという。
4月中旬、毎晩のように海中に光るものが現れたため、役人が現場に赴いた。
そこには光り輝く奇妙な生物がいたという。
足、ないしは尾ひれは三つ股に分かれ、全身はうろこで覆われており、
頭部には長い髪があった。
顔にはくちばし、目はひし型をした、人と魚を合わせたような姿をしていた。

あらわれた生物は、役人に、自分は海中にすむ『アマビエ』であるといい、
「6年間の豊作の後に疫病がはやる」と予言をした。

そして「自分の姿を写した絵があれば病を防ぐことができる」と予言して去ったのであった。

その後、伝説とともに江戸時代にこの生物の姿を描いた絵が広まったようだ。

同様の生物は他の地域でも目撃されている。
日向国(現在の宮崎県)イリノ浜沖には「尼彦入道」なる妖怪が出没したそうで、
熊本士族の芝田忠太郎という人物の前に現れた尼彦入道は
「これから6年、大豊作が続く」、「悪病が蔓延する」と予言したとされている。

そんな尼彦入道の外見は、顔はしわも深く眉毛とひげの濃い、
はげ頭の男性だが、胴体はペンギンのようで、
大きな一対のヒレないしは翼を備えており、
体表面をびっしりとうろこが覆っている。
そして、細い鳥のような足がなんと9本も生えている。

この尼彦入道は前述のアマビエと予言の内容も似通っているため、
アマビエの伝説が変形したものではないかと考えられている。

また、熊本には明治期にも同じ三本足の『アマビコ』なる妖怪が
出現して予言したといわれる。
妖怪研究家の湯本豪一氏は『アマビコ』は『天響』で、
神と人とをつなぐ存在とされたのだろう、との説を掲げている。

江戸から明治にかけてたびたびアマビエとその派生妖怪の報告が
あったということは、それだけ人気だったのだろうか。

それとも、妖怪の名を借りなければならないほど
不安に満ちた社会だったのだろうか。

いずれにせよ、江戸時代に話題になった妖怪が現代に
再度注目されるというのは興味深いことである。

(『Exciteニュース/2020年3月8日/山口敏太郎』より転載)

上記にもありますように
治癒方法のわからない疫病の流行は
人々の心に暗い影を落とし、「救い」のカタチを求めるのでしょうか。

その救いの形状が「妖怪アマビエ」というところが
面白いところだと感じております。

通常、妖怪・お化けは「怖いもの」と相場が決まっているのですが
「アマビエ」は「危険を告げ、人々の救いとなる象徴」
すなわち「人々の希望・明るい未来」の権化として姿を現したわけです。

この場合、神仏・菩薩の出現告知でもよかったはずなのですが
「妖怪」という存在に希望を仮託した、
江戸時代の人々の気持ちはいかなるものだったのかと感じ入ります。

翻って、今現在。
「新型コロナウィルス」に対する明確な「救い」が現れない状況ゆえに
このような記事がWEB上の流布されているのではないかと思います。

いつの時代も、不安に対する人間の感情は同じなのですね。


1周目:「「本音」で語ってみる。。。」
2周目:「変わるとき」
3周目:「原発トラブルに際して思ふこと」
4周目:「本音で生きよう」
5周目:「にんげんクラブ福岡大会&ワクワク健康博覧会で感じたこと」
6周目:「ホンモノの本物商品」
7周目:「クラシック音楽のキモって!?」
8周目:「仕事のルール!?」
9周目:「いままでの40年間とこれからの40年間」
11周目:「健康を損ねてみて、初めてわかるもの。」
12周目:「声」
13周目:「船井幸雄オープンワールドを終えて。。」
14周目:「10周年を迎えるにあたって」
15周目:「2013年の新しい兆し」
16周目:「11期・感謝総会に向けて」
17周目:「大掃除研修」
18周目:「能楽」
19周目:「浅草寺・四万六千日−ほおずき市−」
20周目:「ストレス解消の方法」
21周目:「リバイバル!政木和三先生!」
22周目:「舩井幸雄会長の意思を継ぐモノとして」
23周目:「異動と新生(株)本物研究所」
24周目:「江戸の老舗蕎麦屋」
25周目:「大阪SAKIGAKEミーティングを終えて」
26周目:「鳴門の渦潮観覧&大麻比古神社の参拝」
27周目:「「舩井SAKIGAKEフォーラム」を終えて」
28周目:「これからの当社グループは。。」
29周目:「競争からちょっと離れると、人生はうまくいく」
30周目:「品川から四ツ谷へ」
31周目:「株式会社本物研究所 感謝総会を終えて」
32周目:「舩井フォーラムの準備が着々と。。。」
33周目:「異常気象が多くなった?」
34周目:「舩井フォーラム2015を終えて」
35周目:「「“ほんもの”健幸フォーラム in 東京」開催決定!です。準備で大忙し。。。」
36周目:「ほんもの健幸フォーラム in 東京 開催間近ッ!」
37周目:「“ほんもの”健幸フォーラムを終えて」
38周目:「◆イイ美術品からはイイ波動がでている。。」
39周目:「(株)本物研究所の「2016感謝祭」開催近し!」
40周目:「HADO(波動)スペシャリスト!」
41周目:「奇跡の黒ガリンガル」
42周目:「【抗糖化】って、ご存じですか?」
43周目:「ほんもの健幸フォーラムin東京(秋葉原)開催近づく!」
44周目:「おススメ開運グッズ」
45周目:「舩井フォーラム2017」
46周目:「2017年の感謝祭迫る」
47周目:「ぞくぞくと見つかってます。」
48周目:「映画鑑賞のツボ」
49周目:「時代の転換を肌身で感じる」
50周目:「映画鑑賞のツボ」
51周目:「女優魂」
52周目:「創業15周年 (株)本物研究所 感謝祭2018の準備中」
55周目:「午前十時の映画祭」
56周目:「15周年に寄せて」
57周目:「竃{物研究所 感謝祭2018開催」
58周目:「ミッドライフ・クライシス」
59周目:「防災に関して思ふ事」
60周目:「名作・傑作映画を見ながら思うこと」
67周目:「四ツ谷・麹町→田町・三田」
68周目:「外交的転換点を思う」
69周目:「傑作・名作を改めて見返して得る「感動」」
70周目:「SDGsとエコバック」
71周目:「本物研究所の商品選定」
72周目:「アメリカ&イランの衝突」
73周目:「抗ウィルス対策!あの「SARS」にも効果があった「TWEBSクマザサエキス」のチカラ!」

バックナンバー
バックナンバー
2020年
2020.04 ・2020.03 ・2020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

プレ・マスメディアには載らない情報パート2〜パンドラの箱は開けられた〜 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター