写真
2010年にんげんクラブ全国大会ステージ上にて
(写真撮影:泉浩樹)

「天律時代」の到来に向けて

このページは、(株)船井本社社長で「にんげんクラブ」を主催する船井勝仁によるコラムページです。船井勝仁は「これから“天律時代”が来る。そして一人ひとりが“うず”を作っていくことが大事になるだろう」という思いを持っています。それをベースにおいた日々の活動の様子や出会い、伝えたいことなどを語っていきます。

また、「船井幸雄の息子」ではなく、“船井勝仁”の独自性をさらに打ち出していくこともテーマに、これまで父に寄せてきた思いや、「二代目社長」としての方針も語っていきます。

左上 「うず」のイメージ(画:西口貴美)
2012.07.21(第58回)
金融なんて嫌いだよ

 拙著『失敗から学ぶ』(海竜社刊)が出版されて、積極的に書店巡りをするようになりました。正直に言いますと、本を出すのは大変うれしいものですが、大変怖いものでもあります。書店で自分の本を見つければ大喜びですし、結構目立つところに何冊も置いていただいている本屋さんではガッツポーズをしてしまいます。でも、逆に見つからなかったときは、とてもがっかりしてしまうのです。
 本来はそういうことを気にせずに、もっと泰然自若になりたいと思うのですが、あれだけ苦労をして書いたものですから、まるで子どもが生まれた時の様な気分です。おかげさまで、評判はいいようで、よくそこまで本音で書いたねと言っていただけるのですが、読んでいただいた方の人生を変えられるような本が書けるまで頑張りたいと思っていますので切磋琢磨を続けていきたいと思います。

 そんなわけで、最近はアマゾンという便利なものができて普段は余り行かない書店に足を運ぶ機会が増えました。やはり、書店で棚を見ていると、アマゾンでは気がつかない本との出会いがあり、そろそろ金融ネタも尽きてきたかなと思っていたのですが、ちょうどいい本に出会えたので、今回も金融の話を書きたいと思います。

 その本は澤上篤人著『金融の本領』(中央経済社)です。澤上氏は長期投資という戦略で1本だけのファンド(さわかみファンド)を、証券会社を通さずに売る直販にこだわっている、さわかみ投信の会長をされています。一度買った株は簡単に売らずにじっくりとホールドし、株価が下がったらいい機会だととらえ買い増していくという戦略を実行しているファンドです(逆に上がり過ぎだと思えば容赦なく売ります)。澤上会長はスイスのキャピタル会社を皮切りに、長期投資の世界で41年生きてこられました。
 それにも関わらず、澤上会長のインタビューが掲載されている第一章で、タイトルにさせていただいた「金融は嫌いだよ」という発言をしておられます。その趣旨の説明になっている部分を引用させていただきます。

(引用開始)

 たまたまこの世界で41年過ごしてきたけど、僕の長期投資は、製造業的な価値観に立っていて、そこから一歩も離れない。世間の人が思い浮かべる金融って、お金を右から左へ動かすだけ。無機質で薄っぺらな仕事だよね。そもそも富を生んでないでしょう。金融バブルの崩壊でもはっきりしたように、ひらすらお金を追いかける強欲さばかりで、人間性はどこかへ行ってしまっている。そんな世界は嫌いです。

(中略)

 だから僕はいわゆる金融の世界に身を置きながらも、実際に富を築いていく製造業のお手伝いをしようとしてきた。実体経済にプラス貢献できるお金の回し方だけを考えてきたんだ。金融によくある、ちゃらちゃらと浮ついたものではなく、どっしりと腰のすわった応援団としてね。

(引用終了)


 ずいぶん、昔のことですが、船井総研が経営者向けにやっていたコスモスクラブという勉強会に澤上会長をお呼びしてお話をうかがったことがあります。その時は、澤上会長のおっしゃる長期投資の意味がよく分からなかったのですが、利益の追求だけを目的にしていない社会に対しての責任を果たしている企業をきっちりと探しだしてきて、その会社に投資することが、世の中に貢献する製造業を応援することになり、その結果としてファンドの成績も良くなるという投資方針だということが本書を読んでよく分かりました。
 これなら、まるで坂本光司先生の『日本でいちばん大切にしたい会社』(あさ出版)で紹介されているような会社を上場会社の中から探しだして、じっくり投資をするということになり、やっぱり日本の将来は明るいという方向を応援している金融もあるのだということが分かり、ちょっと楽しい気分になりました。
 澤上会長は日本の株式市場は持ち合いが解消されて正常化しており、これから10年はとても明るいという見方をされています。そして、インフレが来る可能性があり、インフレに強いのは株式なので、じっくりと自分の好きな優良会社を選び、短期的にバタバタしない腰をすえた長期投資を目指すべきだと説いています。私はインフレが来るのかデフレが続くのか、五分五分とみていますので、借金をして無理をしてまで株式投資をするべきだとは思いませんが、資産の30%程度を上限に優良企業に投資をするのは悪くない戦略だと思います。
 さわかみファンドは個人向けのファンドですが少額から投資ができますので、自分で銘柄を選ぶ自信のない人にはさわかみファンドの購入を検討してみるのもいいかも知れません。どちらにせよ、金融の本質をある意味ではとても的確に教えてくれる良書ですので、金融に興味がある方にはご一読をおすすめします。


『失敗から学ぶ』表紙画像
『失敗から学ぶ』
★船井勝仁の最新刊『失敗から学ぶ』(2012年7月発売 海竜社刊、1,050円(税込))が好評発売中!!

バックナンバー
03/21

「天律時代」の到来に向けて(最終回)

03/11

最近読んで参考になった本

03/01

長期政権待望論

02/21

景気は良くなったのか

02/11

最近読んで参考になった本

02/01

安倍政権

01/21

2013年の金融情勢

01/11

最近読んで参考になった本

01/01

思いを大切にする

12/21

必要な情報は高い

12/11

最近読んで参考になった本

12/01

Wise Leader

11/21

信用創造と日本独自の金融政策

11/11

最近読んで参考になった本

11/01

GNHは安全保障

10/21

常識的な見方と直感力

10/11

最近読んで参考になった本

10/01

地域通貨の未来

09/21

利他の心とアメーバ経営

09/11

最近読んで参考になった本

09/01

9月から景気が悪くなる!?

08/21

デフレと円高が続く限り景気はよくならない

08/11

最近読んで参考になった本

08/01

「消費税が日本を救う」vs「増税のウソ」

07/21

金融なんて嫌いだよ

07/11

最近読んで参考になった本

07/01

今年は慶応3年?

06/21

金融政策が変わったのか

06/11

複式簿記の秘密

06/01

なぜ企業の寿命は30年なのか

05/21

インフレは来るのか?

05/11

ナニワの金融道

05/01

消費税を上げなければならない理由

04/21

消費税は上げなければいけないのか

04/11

お金とは何か

04/01

地震を予知する

03/21

被爆のマリア

03/11

生死の境目

03/01

三陸海産再生プロジェクト

02/21

シントロピー(蘇生)の法則

02/11

応接室のフルベッキ写真

02/01

ひのもとおにこ

01/21

超小型原子炉

01/11

2012年はどんな年になるのか

01/01

構文の五階層

12/21

占いとして使うのではなく、本質を感じよう

12/11

迫り来る大恐慌

12/01

昭和一一年二月二六日

11/21

国津神と天津神

11/11

昭和史からの警告

11/01

官僚特権主義のルーツ

10/21

ドイツ参謀本部

10/11

天皇は祈る存在

10/01

第1条と第9条

09/21

ゾーンに入る

09/11

借りた金は返すな!

09/01

非淘汰の進化論

08/21

究極の田んぼ

08/11

自然を冒涜しない

08/01

有機のF1

07/21

大震災の裏側

07/11

中小企業金融円滑化法案

07/01

本当の原因

06/21

畏敬の念

06/10

母の呪い

06/01

責任を取るということを考える

05/21

原発がなければ停電するか?

05/11

原発問題を整理する

05/01

原発問題のよりあい

04/21

大震災の意味を考える

04/11

出現する未来F 4種類のアプローチ

04/01

命がけだけどリラックスして対処しよう

03/23

出現する未来E 心のデトックス

03/14

家族のきずな

03/11

出現する未来D 〜ゼロ・サイクル〜

03/01

出現する未来C 〜梵(ブラフマン)〜

02/21

出現する未来B 〜Uを降りる〜

02/11

出現する未来A 〜レクイエム・シナリオ〜

02/01

出現する未来@

01/21

「百匹目の猿現象」を知らない人に教えてあげてください

01/11

1ミリも嘘を言わない

01/01

カルタゴにならない生き方

Profile:船井 勝仁(ふない かつひと)

1964年 大阪生まれ。1988年 (株)船井総合研究所 入社。1998年 同社 常務取締役。同社の金融部門やIT部門の子会社である船井キャピタル(株)、(株)船井情報システムズの代表取締役に就任し、コンサルティングの周辺分野の開拓に努める。2008年 (株)船井本社 代表取締役社長就任。父・船井幸雄の「競争や策略やだましあいのない新しい社会を築くことが本来の自分の役割だ」という思いに共鳴して、持ち株会社である同社の代表取締役社長として父をサポートすることを決意した。 著書には、『中堅・中小企業のためのIT化時代の「儲け」の決め手』(船井幸雄らとの共著 2003年 ビジネス社)、『天律の時代が来た! 生き方の原理を変えよう』(2010年 徳間書店)、『いま明かされるコトダマの奥義』(2011年1月 新日本文芸協会) 、『未来から考える新しい生き方』(2011年9月 海竜社)、『失敗から学ぶ』(2012年7月海竜社)などがある。
『失敗から学ぶ』表紙画像
★にんげんクラブ:http://www.ningenclub.jp/
★船井勝仁.COM:http://www.ilir.co.jp/funai_katsuhito/

佐野浩一 本物研究所 本物漢方堂 ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note