船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
宮沢賢治の言葉に触発されて
2017.9.4(Mon)
社名:(株)51コラボレーションズ
名前:服部 真和

皆様、こんにちは!51コラボの服部と申します。

「銀河鉄道の夜」や「風の又三郎」等の詩や童話で知られる詩人・宮沢賢治という作家をご存知の方はとても多いと思います。宮沢賢治は、独特の宇宙観を持った作品や生き方で人気の高い作家、私も一度、賢治の故郷である花巻周辺を訪れて、記念館にも行ったことがあります。

ところで、彼の詩集で「春と修羅」というのがあります。第一集の序の中の一文に

『わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
 ◆
 ◆
 ◆
すべてが
わたくしの中のみんなであるやうに
みんなのおのおののなかの
すべてですから』

というような言葉があります。このフレーズは、なかなか深遠な言葉を表していると言えます。

『わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です』とあるように、個人としての私たちの意識は青い照明としてある期間灯し、やがて、消えていくけど、一方で『すべてがわたくしの中のみんなであるやうにみんなのおのおののなかのすべてですから』というように、全体と個は同じ中にある、つまり、宇宙的な規模における命は全体として脈々と続き輝き続ける自然であり、大きな流れであって世界とは多くの意識の窓を持った大きな命の流れなんだと……

そして、世界は一つの大きな命の流れであるとともに、ひとつひとつの世界の中に大きな命の世界がそれ自身として宿っている。すべては一つであるし、一つのものの中には、すべての世界が宿っている……。ワンネスという考え方が宮沢賢治の詩の中には反映されていると思います。

51コラボで企画している「スピリチュアル・サミット3 響」は、まさにこのような世界を皆様とともに体感していこうと様々なアプローチを試みたものです。

==================
「スピリチュアル・サミット3 響」
http://51collabo.com/?page_id=11416
==================

<響>をテーマに、深く自分自身と向き合うために音楽からのアプローチを試みています。それによって、私たちの中にある内なる根源、宇宙と向き合い、聖なる響きを感じてみたいと思います。

深い魂の部分、集合的無意識の部分でつながる瞬間、宇宙と一体化する場を創造できたら……。その先には一体何が待っているのでしょうか? 多くの言葉よりも現場で体感すること……。魂を共鳴共振させ、まだ気づいていない、自身の眠れる素晴らしい可能性を発見したい、そんな思いで講師の方々が集結をいたしました。

ぜひ、一度HPをご覧くださいませ。


2周目:「映画館へ行こう!」
3周目:「清々しいメロディに紡ぎだすハート」
4周目:「刺激的な人物がいた!」
5周目:「人の変化で時代を感じる」
6周目:「ひまわり大作戦」
7周目:「雑感」
8周目:「あらためて「プラス発想、素直、勉強好き」を・・・」
9周目:「想いは実現するということの私なりの解釈」
10周目:「宮沢賢治と手帳」
11周目:「防災の心得」
12周目:「書と陶の融合・・・私探しの旅に出て私になる」
13周目:「麻について」
14周目:「歩くことが楽しくなってきた」
15周目:「工夫をしよう!」
16周目:「アルゴ」
17周目:「私が過ごした本物研究所について」
18周目:「「笑いとばせ」という感性」
18周目:「「ありがとう」の言葉の力」
19周目:「美術館は妖怪ブーム」
20周目:「インフレ時代到来か?」
21周目:「20代の仕事の思い出」
22周目:「舩井幸雄が遺してくれたもの」
23周目:「まっ直ぐなやさしさ」
24周目:「山口敏太郎さんという方にお会いした印象」
25周目:「突出したことをしないでセミ・リタイアした男性」
26周目:「「精麻」で幸運を呼び込む」
27周目:「新春はこの人に注目!」
28周目:「20年前を振りかえる」
29周目:「新しいことをやるには……」
30周目:「月並みですが持続のコツ」
31周目:「やってみて気づく」
32周目:「運を味方にするサイトがオープン!」
33周目:「雑感」
34周目:「セルフ・ブランディングの時代を感じて」
35周目:「絶望と無気力の淵から立ち上がって・・・」
36周目:「今から、ワクワクしています!」
37周目:「スピ・サミ・レポート」
38周目:「3・3・3の原則」
39周目:「この人、イイね!」
40周目:「エジプトに行ってきました!」
41周目:「違和感を感じる自分」
42周目:「スピリチュル・サミットの季節が・・・」
43周目:「禅を新発見」
44周目:「道教」
45周目:「ゴッズ・オブ・エジプト」
46周目:「タオという宇宙観」
47周目:「ドラゴン・イン台湾」
48周目:「テレサ・テンは菩薩だった!」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.10 ・2017.09 ・2017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター