船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
お互いの「違い」を理解しあうパートナーシップ
2016.5.26(Thu)
社名:(株)本物研究所
名前:佐々木 信一

 皆さまこんにちは。
 私は、株式会社本物研究所にて、商品の採用、販促などを行う部署で働いております。

 先日、本田健さんが主催する、世界的心理学者の「ジョン・グレイ博士」来日記念講演会へ参加してきました。

 多くの方の悩みのトップ3に「健康」「経済」「人間関係」があげられると思います。

 中でも「人間関係」は、この世で生きている以上、家庭や企業、地域とあらゆる場面で存在し続け、悩み、トラブルはなくならないと思います。
 その人間関係でも特に「男女間」のトラブルは根が深いものがあります。

 そんな悩みを解決できる方法を世界に発信しているのがジョン・グレイ博士なのです。

 「男は火星から、女は金星からやってきた」という本のタイトルにもなっていますが、そもそも男性と女性では感じ方や考え方、伝え方が全く違うということを科学的にアプローチし、そこからユーモラスで明快に語る博士の講演は圧巻でした。

 分かりやすいエピソードをご紹介します。
 女性が男性に向かって様々な悩みや不安、不平を言ったとします。そのとき男性はどのような反応をするでしょうか?

 多くの男性はおそらく「それはこうだ」「こうした方がいい」、はたまた「君のここが問題だ」などなど一生懸命「問題解決」に向けたアドバイスをしてしまいがちではないでしょうか?
 この場合、男性同士であれば「あ、そうか」「なるほどね」となるのですが、女性の場合は違います。
 「あなたは何にもわかってくれない」「あなたにはもう話さない」と言われ、関係が悪くなった……なんてことはありませんか?

 では、なぜこのようなミスマッチが起こるのでしょうか?

 理由は、実はこのとき女性は「問題解決」を望んでいないからです。
 女性は、ただ話を聞いてもらい「共感」を求めているのです。

 ですので、このようなケースに遭遇した時は「しゃべらない」「ただうなずく」そして「理解しようとする」「共感する」といったことに注力することが大事だということでした。

 ただ、しゃべらないでいると「あなたはどう思っているの?」という質問が来ます。
 博士はこれが「トリックだ」と言います!

 この言葉を受けて「解決策」をしゃべり出してしまいますと、結局、先ほどお伝えしたような、望まない結果につながっていきます。

 「あなたはどう思っているの?」という言葉が出てきたら、こう答えましょうという台詞があります。

 それは……

 「もっと聞かせて」

 です。

 そうすると女性は安心し、さらに気持ちを伝えてくれ、結果的にお互いにとって良い方向へ向かっていくとのことです。

 ただ、これは単なるテクニックではありません。
 相手を理解しよう、相手の立場から見える世界を見てみよう、共感して慈悲の心で包み込もうという心構えがあってこそ成立します。これがなかったら健全な関係は保たれません。あくまでも「無条件の愛」があってこそなのです。

 私は男性ですから、男性の視点でお伝えしてしまいましたが、男性のみなさん、いかがでしょうか?

 ちなみに、女性の方へお伝えしたい点がございます。それは、多くの男性の特徴として、男性は「自分の洞穴(自分の世界)」を持っていて、そこにいることが何よりも大好きだということです。 

 男性が悩んでいる姿を見ると、女性は心配していろいろ聞いてくれることがあります。しかし、それは、場合によっては逆効果となってけんかの原因となりかねません。ですので、洞穴に入っているときはあなたを「無視」しているのではなく「自分のストレスに対処している」ので、「そっと見守る」ということをお勧めしていらっしゃいました。

 今回はほんの一部しかご紹介はできませんが、博士の講演の中では実に様々な事例が飛び出します。しかも、ご自分の失敗した事例をオープンに、飾らないでありのままを伝えているので、さらに共感が持てます。

 ご興味のある方はぜひジョン・グレイ博士の書籍をお読みいただき、よりよい関係つくりに活かしていただければと思います。


2周目:「春の体調管理について」
3周目:「“まごころ”の輪」
4周目:「被災地訪問報告」
5周目:「こころの支援」
6周目:「福島訪問で感じたこと」
7周目:「身近な生姜で冷え対策」
8周目:「腸内環境の重要性」
9周目:「食について思うこと」
10周目:「祈りのチカラ」
11周目:「「役割」と「使命」」
12周目:「日頃からの防災意識」
13周目:「〜大自然からの贈り物〜」
14周目:「復興支援のカタチ」
15周目:「春のお悩み対策」
16周目:「地球ヴィジョンクリエイター 白鳥哲氏の“ヴィジョン”」
17周目:「イヤシロチ化を実感」
18周目:「「こだわり」と向き合う」
19周目:「「カタ」の大切さ」
20周目:「映画 うまれる」上映会に参加して」
21周目:「『未来への言霊』読んで感じたこと」
22周目:「電磁波をコントロールしてより健康になる!?」
23周目:「「現場力」アップの秘訣!?」
24周目:「自然との一体化」
25周目:「「姿勢」の大切さ」
26周目:「カラダのメンテナンス」
27周目:「意識進化のための高速学習装置」
28周目:「つながり」
29周目:「薬の裏側!?」
30周目:「ジク」
31周目:「人のつながり」
32周目:「ふるさと」
33周目:「地磁気」
34周目:「本当の自分を見つける方法」
35周目:「腸内の新情報!?」
36周目:「3つの“首”をあたためる」
37周目:「陰陽のバランスでエネルギーが満ち溢れる!」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.06 ・2016.05 ・2016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター