船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
旅先でのシンクロ
2016.5.12(Thu)
社名:(株)船井本社 『舩井幸雄.com』&『舩井メールクラブ』事務局
名前:藤原 かおり

日光東照宮の「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿

美しい鬼怒川とそのまわりの山々の風景

「伊方原発をとめる会」からの漫画パンフ(※クリックすると拡大してご覧いただけます。)

 皆さまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。(株)船井本社『舩井幸雄.com』事務局&『舩井メールクラブ』事務局の藤原かおりです。
 熊本、大分の地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。いまだに余震がおさまらないようで、不安な日々をお過ごしの方も大勢いらっしゃるかと思います。早く安心できる日常を送れるようになることを心より願っています。

 このGWに、私は日光と鬼怒川温泉を旅行してきました。
 メインの目的は日光東照宮を訪れることでした。徳川家康公を御祭神におまつりした神社ということで、一度は行ってみたいと思っていたところ、やっと訪れることができました。
 (訪れたことがある人は多いかとは思いますが、)日光東照宮は想像以上に派手で、威厳を感じさせるものでした。その建築には中国の影響も大きかったようですが、実際に目の当たりにしてみるとそれも納得できました。申年の今年、あの有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を見られたことも嬉しかったです^^
 日光東照宮の隣にある二荒山神社もお参りさせていただきましたが、ここはとても濃くて良いパワーに溢れているように感じられて、すっかりパワーチャージできました。この二荒山神社には「二荒霊泉」という、知恵がつき、目の病気に効き、若返るというお水が湧き出ているところがありますが、日光には、ここ以外にも湧水をお水取りできるスポットがいくつかありました。そして湧水はもとより、日光のレストランやホテルなどどこで飲むお水も素晴らしくおいしいのです。
 山が深くお水も空気もとてもおいしく、ひいては食事やお茶などどれもとても美味しかったこともあり、すっかりリフレッシュ&デトックスできました。

 翌日に行った鬼怒川温泉では、新緑に溢れた谷を流れる鬼怒川の、澄んだあまりの水の美しさにはため息が出るほどでした。
 日本の自然はやっぱり素晴らしいなぁ、旅行っていいなぁ、と改めて思っている時、ちょうどあるメールが届きました。
 「伊方原発をとめる会」からでした。まさにシンクロとしか思えなかったので、この場でご紹介させていただきます。以下がメールの内容の一部で、右側の上から3番目の画像が同メールに添付されていた漫画パンフレットです。ぜひ拡大してご覧いただければと思います。
↓ ↓ ↓
件名:漫画パンフの南予全戸配布について

「地震が来るのに再稼働していいの?
伊方原発必要なの?」パンフレット
の南予への配布について

標記タイトルの
8ページカラー冊子を
伊方原発周辺20キロ圏ならびに
大洲、西予、宇和島などにも配布する
準備をしております。
(8ページを一覧できる画像を添付しております)

↑ ↑(メール転載ここまで)

 伊方原発は、愛媛県の海を挟んだ大分県寄りにある原発で、現在は停止していて、今年の3月には1号機の廃炉が決定したものの、3号機がこの夏の再稼働に向けて準備が進められている状況なのです。
 福島での原発の大被害もあるのに、私の故郷でもある四国で原発が再開されたらたまったものではないという気持ちから、少し前にこの「伊方原発をとめる会」に入会させていただいていたのです。
 熊本、大分の大地震は、日本の原発のあり方を見直しなさい、というメッセージも大いに含まれているように私は感じます。
 今回の旅行で、とくに鬼怒川やそのまわりの自然の美しさに感動しましたが、こんな美しい日本の自然に感謝し、できるだけ汚さず、共存していくことは大切なことだと改めて思いました。


2周目:「鳥インフルエンザからニワトリを想う」
3周目:「日本の独立と個人の自立」
4周目:「資本主義について思うこと」
5周目:「“野性”を目覚めさせるには・・・」
6周目:「にんげんクラブ全国大会で気づいた“つながり”」
7周目:「歪みを正す方法」
8周目:「“グレー”からの脱却」
9周目:「“コンサバ”に思う」
10周目:「“野菜”は本当に健康にいいのか?」
11周目:「ロンドン・シティで感じた意外な“気”」
12周目:「フリーエネルギーとUFOの関係」
13周目:「最近読んでショックを受けた本」
14周目:「“寄り添う”ということ」
15周目:「“五井野イズム”に触れて……」
16周目:「秘伝のお茶と新コラム」
17周目:「偶然とは思えない3つのこと」
18周目:「「本物」は野性的!?」
19周目:「日本人の「水戸黄門」幻想」
20周目:「嫉妬の時代」
21周目:「久しぶりに会った舩井幸雄」
22周目:「舩井幸雄との出会いを思い出してみました。」
23周目:「後から思い出してみるといろいろシンクロがあったこと。」
24周目:「竹中平蔵とは何者か。」
25周目:「足指から目覚める?」
26周目:「舩井SAKIGAKEフォーラムが無事終わりました。」
27周目:「私にとっての12月25日」
28周目:「“本物の健康”を追求するセミナー」
29周目:「最近ビックリした、アンチエイジングのエネルギー」
30周目:「舩井幸雄の「氣」の力を想う」
31周目:「「願い」のちから」
32周目:「本物時代の到来」
33周目:「Dr.コパさん」
34周目:「一神教vs多神教」
35周目:「空海から義経へ」
36周目:「“ミンパク”を知っていますか?」
37周目:「人生に難がやってくる意味」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.06 ・2016.05 ・2016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター