船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
「OODAループ」と「PDCA」の違いについてPART2・・・
2019.4.19(Fri)
社名:(株)本物研究所 執行役員&法人営業部統括マネージャ
名前:坂本 眞一

皆さんこんにちは!
桜の時期が終わり、初夏を感じる季節に変わりましたが、いかがお過ごしで
しょうか?
前回は「PDCAサイクル」と「OODAループ」の比較&「PDCAサイクル」「OODAループ」とは、について述べさせていただきました。
これは弊社でも活用させていただき、飛躍的な成果をあげています。
そのなかで更に深掘りしていきたいと思います。

・想定している環境
「PDCAサイクル」
PDCAは環境の変化がないという前提が成り立てば有効です。これは人間的な側面を排除した安定した環境が前提になります。
私たちがいる世界は人間的側面が大きく、人間的事象に計画制御のPDCAを当てはめることに無理があります。環境は変化し人間的な心理や行動が不明確な中、想定外のことが起きない環境という前提が成り立たなくなっています。

「OODAループ」
OODAループは、想定外のことが起こるVUCAの世界を前提にしています。VUCAとは、不安定で Volatile、不確実で Uncertain、複雑で Complex、曖昧な Ambiguous 世界です。
私たちが接している日常がどのような状況かによって行動が異なってきます。状況と行動の関係を体型立てて定義し、OODAループの世界観:VSAと対応づけたのがVUCAフレームワークです。

・想定している組織文化
組織や文化、業務、経営制度などの側面も、PDCAとOODAで異なってきます。

「PDCAサイクル」
PDCAは、命令統制 Command & Control の中央集権組織を暗黙のうちに前提としています。マネジメント側により計画 Plan と評価 Check が行われ、現場が実行(Do)と改善(Act)をする階層組織で適用されていることがあります。
ここで興味深いのは、中央集権組織と思われてきた代表格の軍隊組織が、OODAループを全面採用していることです。

「OODAループ」
OODAループは、自律分散組織を実現させることが前提となっています。個々人がモチベーションをあげて取り組む組織文化を作って行きます。
世界の主要国の軍隊組織は自律分散組織に転換しています。
権限委譲された現場の個々人が主体となりOODAを実行する次世代 自律分散組織は「ワクワクする組織」といわれています。

・計画とビジョン
「PDCAサイクル」
PDCAの「計画(Plan)」は、計画策定を決めた後は実行して改善するまで変更しません。

「OODAループ」
OODAループではそのような固定した計画はありません。「わかる(Orient)」というOODAの過程で、世界観:VSAを随時見直し更新して適用をしていきます。

・目標管理
経営制度、目標管理などの側面も、PDCAとOODAで異なってきます。

「PDCAサイクル」
PDCAの「実行(Do)」は、「評価(Check)」で、数値目標の達成状況を評価されます。

「OODAループ」
OODAループではそのような固定した数値目標はありません。自律自己統制です。主体的に目標を管理する方法が目標管理:VSAです。

・戦略
「PDCAサイクル」
PDCAの想定している戦略は第1世代から1970年代までの第3世代の戦略です。
軍事の世界で説明しますと、PDCAは大量破壊の「消耗戦」の戦闘を想定しています。

「OODAループ」
OODAループは、第4世代から第6世代経営戦略を想定しています。
スピードの「機動戦」の戦闘をも対象としています。OODAループは環境と行動との間の乖離にまで適用していることから対象領域が広範です。このため、PDCAと比較対象とするものではありません。
PDCAは日本だけ、世界はOODA

「PDCAサイクル」
経営の領域でPDCAが使われているのは日本だけです。
PDCAを提唱していたとされるデミング。しかし、実はデミングはPDCAを推奨していませんでした。誤りを指摘していました。

「OODAループ」
世界の先進企業はOODAループを使っています。日本企業がPDCAを何度も回しているうちに、例えば、シリコンバレーのIT企業はOODAループを実行してマーケットを寡占してしまっています。
例えば、リーンスタートアップはOODAループの適用例です。また、特許権ですが、特許の手続きをして時間を浪費しないでマーケットに投入して市場創造、市場寡占をしてしまいます。デザイン思考もOODAループの戦略理論に基づいています。
ビジネスでOODAループを知らずにPDCAにこだわっていては、もはや生き残れません。
OODAループを使っていくには、OODAループの問題点と欠点をわかっている必要があります。
適用事例:受験、石橋、軍事、トヨタ開発方式
OODAループは、世界の軍事で適用され、次にビジネスなどで使われ始めています。
OODAループの概要説明(OODAループ:PDCAでは生き残れない)はこちらです。
OODAループ導入の前後で、その成果が全く異なっています。PDCAとOODAの違いを、「石橋の渡り方」「受験勉強の仕方」「軍事の事例」をとおして説明しています。

「PDCA」と「OODAループ」の違い:石橋の渡り方
「PDCA」と「OODAループ」の違い:受験の仕方
「PDCA」と「OODAループ」の違い:戦闘の仕方

アメリカで評価されていた日本でのOODAループは、トヨタ開発方式:TDSでした。
PDCAの欠点を補完するOODAループ
最後に、品質統制などPDCAが有効な分野ではPDCAの強みを生かして、PDCAの欠点の領域をOODAループで補完させて併用するのが合理的だと思います。
特に変化する環境に適応するためビジョンから戦略の柔軟な策定と実行の領域でOODAループが有効です。
これは、会社組織以外にも多々活用できます。ぜひ、お試しください。


2周目:「天災を経験して」
3周目:「大地震」
4周目:「いざ鎌倉へ!はせ参じるらん」
5周目:「肥田式強健術とは」
6周目:「一流の集中力」
7周目:「記者クラブ」
8周目:「こころの故郷『森のイスキア』」
9周目:「絆」
10周目:「奇跡の七号食」
11周目:「竹布(たけふ)という神様からの贈り物」
12周目:「被災地に行ってみて感じたこと」
13周目:「太陽の恵みをご家庭に!」
14周目:「祈り」
15周目:「あいうべ運動」
16周目:「一週一菜」
17周目:「モチベーションの保ち方」
18周目:「才能と出会う5つの瞬間」
19周目:「奇跡の牛乳」
20周目:「乳脂肪分3.8の秘密」
21周目:「天からの贈り物 『守布(mamorinuno)』」
22周目:「舩井会長」
23周目:「弁当の日」
24周目:「みのり」
25周目:「女川に行ってきました」
26周目:「ぷくぷく発酵 自然に学ぶ酒造り」
27周目:「竹布の人形作りにチャレンジ」
28周目:「感動の石庭」
29周目:「泳ぐホタテ?!」
30周目:「断捨離の秘訣」
31周目:「初めての『ひしお(醤)』」
32周目:「私の健康法」
33周目:「バリのアニキ」
34周目:「霰粒腫と向き合う」
35周目:「まるでごはん?!」
36周目:「息(いき)を変えれば、生き方が変わる」
37周目:「初めてのインフルエンザ」
38周目:「サムハラ サムハラ」
39周目:「最近ハマっているもの」
40周目:「生まれた日には意味がある」
41周目:「私が最近はまっているもの」
42周目:「中洞牧場の今」
43周目:「日本一の庭園」
44周目:「舩井幸雄記念館に行ってきました!」
45周目:「自然との共生を目指すジェイ農園」
46周目:「わくわく歯磨き健康法♪」
47周目:「7/8(土)小山政彦氏 近未来予報が聴けます!」
48周目:「阿蘇でのシンクロ」
49周目:「神社界のディズニーランド」
50周目:「禅寺で宿坊体験」
51周目:「しめ縄教室」
52周目:「未来食堂」
53周目:「眼精疲労でお悩みの方へ」
54周目:「ポケットマルシェ」
55周目:「Qちゃんのお話」
56周目:「大槌刺し子プロジェクト」
57周目:「出雲へ行ってまいりました」
58周目:「アンガーマネジメント」
59周目:「ギフトの循環」
60周目:「早起きは三文の徳」
61周目:「ファスティング してみました」
62周目:「『そしてフェイク経済の終わりが仕組まれる』を読んで その➀」
63周目:「『そしてフェイク経済の終わりが仕組まれる』を読んで そのA」
64周目:「「OODAループ」と「PDCA」の違いについてPART1・・・」

バックナンバー
バックナンバー
2019年
2019.072019.062019.05 ・2019.04 ・2019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター