img

リレーでつなぐ"ハート"の話

このページは、リレー形式でそれぞれの人に“愛”をテーマに、恋愛や家族愛、人間愛、パートナーシップ、コミュニケーション、大切な人への想い…などを自由に語っていただくページです。 それぞれの方に半月に1回、計3回ずつご執筆いただき、その方から次にご執筆いただける方を紹介していただく形をとっています。順々に人と人とのつながりの輪が広がっていきます。

2011.5.1(第8回)
♪今回の執筆者♪
中西学さん(2回目)
(中西さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
本気で叱る、関わり続けるということ

 新日本プロレスの中西学です。今もシリーズ真っ最中です。各地への移動は、今は、ほとんど選手全員、巡業バスで移動しています。
 新人の頃から、選手は「30分前行動」が普通になっています。8時半の出発ですと、8時くらいから若手選手がバスに乗りはじめ、出発10分前には全員がバスに乗りこんでいます。僕は5分前ぐらいが多いんですけれどね(反省)。

 これを読んでくださっている方は、プロレスラーは自由奔放だと思われるかもしれませんが、結構体育会系的な上下関係もあり、若手は絶対に時間厳守です。とはいえ、僕なんかは、前日お酒を飲みすぎて出発時間に間に合わず、何度かバスに置いて行かれたこともあります(若手時代じゃないですよ。苦笑)。
 もちろん休憩はありますが、特に長い時は片道16時間もバスに乗っています。こうして僕らを乗せ、バスの運転をしてくれるスタッフ、リングや会場をつくるスタッフ、営業スタッフなどがいて、はじめて僕らはこの大きな身体を活かせ、元気よく試合ができるのです。そして、リング上で試合をしてお客さんの視線を釘付けにするのはレスラーですが、リング上に集中して雰囲気をつくってくれているのはお客さんです。
 実際、リングの上で、お客さんは試合はできないけれど、僕らに感情移入をしてくれて、心の中ではリングの上で戦ってくれています。野球とかサッカーはやろうと思えばできるのですが、ある意味、プロレスは実際には普通の人はできないスポーツです。
 選手が技をかけられると、お客さんも技をかけられているかのように顔をゆがめて、痛そうにしながらも一生懸命、応援してくれます。そういう意味ではお客さんもプロレスラーだし、リングだけではなく、一体感のある会場をつくってくれるのも観に来てくれるお客さんです。これは僕ひとりの感覚かもしれませんが・・・。

 前回もデビューして19年ということを書きましたが、新人時代のことを書いてみたいと思います。
 25歳で入団し、世田谷の野毛にある道場兼合宿所での生活がはじまりました。新人時代の思い出は、“しょっぱい試合”をして先輩に何度も怒られたこと、合宿所生活で要領かまして門限を守らず、管理人のおじさんに怒られたこと、とにかく叱られたことがほとんどです。朝早くから掃除をし、練習、そして夜遅くに洗濯をして1日が終わるのです。毎日その繰り返しです。当然、挫折して辞めたくなることもありました。
 当時社長であった坂口征二さんが、何人かの道場生を連れて(中西含む)、食事に連れて行ってくれました。その場での坂口さんは、道場生の悩みなどを根掘り葉掘り聞くのではなく、とにかく僕たちにゆっくり食事をさせてくれました。僕も含め、レスラーはせっかちな人が多くて、道場での団体生活に慣れていないとミスも多くて、失敗をしてそれを苦にして辞めて行く選手も多いのです。だけど、坂口社長が先輩に怒られてばかりの僕らをのんびりさせてくれました。そういう気分転換を時々させてもらったおかげで、合宿所生活を無事に終えることができました。
 ただ、今、思い返してみると、先輩を恐れて、プレッシャーを感じているだけでもダメだったし、坂口さんに甘えているだけでもダメだったと思います。両方があったからこそ、今の自分があるのだと思います。
 あれ〜? なんか、この話、僕の学生時代の話にそっくりだなあ。

 僕なんかは、叱られるしかなかったと思うようなことばかりで、なにしろ、褒めてもらう部分なんかは全然なかったし、自分が何かをすると、人に迷惑をかけてしまうような行動ばかり取るので、親父とレスリング部の顧問の先生は、その都度、口やかましく言ってくれました。やんわりと言うのではなく「それ直しなさい」と、そのままズバリ言われました。口答えなんかさせずに「おまえのそれが悪いのだから、直さないと何も始まらないぞ、人に迷惑をかけることをしてはいけない」といつもきつく言われていました。そして一番大きなことは、父や先生がなにしろ辛抱強く、時間をかけて僕を育ててくれたということです。
 今は、「早く育成して・・・」という時代かもしれませんが、人を育てるということは、そんな簡単なものではないと思います。
 怒られ続けていてもできないことも、同じあやまちを繰り返すことがあっても、その中でも何もやらずにではなく、何かをやり続けながら、もがいてもがいて、何かを時間をかけてやり続けて、やっと形が見えてきたような気がします。

 最近では、この年になると、あの頃に怒られてきたことが「なぜ、そういう風に言われてきたのか」わかってくるようになりました(遅すぎかな? 笑)。子供のころだと、親だから、先生だから、言うことを聞かなくてはならないと思っていました。その反面、「きびしいなぁ、つらいなぁ」とか、「なんでこんなことをやらされるのだろう」ということを同じくらいに思っていました。普通の子よりも物分かりが悪く、とにかく言い始めるとどこまでもぐちゃぐちゃ言ってしまうので、「そんなこと “つべこべ”言うのではなく、とにかくやりなさい」と言われてきたことが、僕には良かったのです。文句を言いながらでもやっていくことで、多くの経験をすることができたからです。

 今もどこかに僕のような“どうしようもない子供”がいるかもしれません。ありがたいことに、僕には多くの時間を使って助けてくれた人がいます。父も顧問の先生もプロレス界の先輩たちも、時間をかけて本気で関わってくれました。普通なら「どうしようもない、こんな奴とはいたくない」と思われても仕方がないのに、僕を諦めずに指導してくれた人たちがここにいます。だから子供たちには長い目で接していきたいです。

 また、僕が「こいつは天才じゃないか」と思える選手とも話をしてみました。彼にも彼なりの悩みがあるそうです。なんでもできるからこそ、悩みがあるように思いました。そういう選手もプロレスをはじめて、最初から何でもできたわけではないし、やはりひとつのことをコツコツとやってきて、今があるということです。やはり、まじめじゃないと天才にはなれないですよね。だけど、プロレスを好きな人は、天才はもちろん好きですが、器用ではないけれど一生懸命戦う選手を好きでいてくれる人たちがいます。僕はその人たちに助けられています。

 本当に人はそれぞれです。プロレスラーもそれぞれです。自分なりに一生懸命やっていくことで見えてくるものがあって、それぞれの選手がそれぞれのやり方で、自分の道を極めていくのもプロレスラーだと思います。

Profile:中西 学(なかにし まなぶ)

中西学さん(写真提供:新日本プロレスリング株式会社)
1967年1月22日生れ。京都府出身。宇治高校時代よりアマレスで活躍し、全日本選手権4連覇を達成。専修大学を卒業後の91年4月、新日本プロレスの「闘魂クラブ」に入団。92年に開催されたバルセロナオリンピックに出場した後、8月に新日本プロレスへ入門。藤波辰爾に「SGタッグリーグ」のパートナーに抜擢され、92年10月13日、スコット・ノートン&S・S・マシン戦でデビューする。95年3月、第6回「ヤングライオン杯」で優勝を果たすとアメリカ修行へ。7月よりWCWマットに参戦し、クロサワの名で活躍し、96年9月に凱旋帰国する。99年8月、「G1 CLIMAX」の決勝戦で武藤敬司を下し、同大会を初制覇。第31代、39代、49代、IWGPタッグ王者に輝く。09年5月6日、棚橋弘至を下し、デビュー17年にして悲願のIWGP王座初戴冠。第51代王者に輝いた。リング上以外でも、バラエティ番組、映画、ドラマでも活躍。昨年はNHK大河ドラマ「龍馬伝」第8回に出演 186cm120kg

☆試合もぜひ観に来てください!
http://www.njpw.co.jp/
バックナンバー
2017.06.01 :海外留学と母、そして友情 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.05.15 :私の人生 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.05.01 :夢 (大野 丈(おおの じょう))
2017.04.15 :機会 (大野 丈(おおの じょう))
2017.04.01 :知ることにより、もたらされる愛 (大野 丈(おおの じょう))
2017.03.15 :仲間 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.03.01 :誕生日 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.15 :毎日を愛する。 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.01 :はたらきの『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.15 :育ちあう『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.01 :全てをはぐぐむ『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2016.12.15 :愛 (彩乃(あやの))
2016.12.01 :根付いた愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.15 :場所への愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.01 :これからと、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.15 :結婚感と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.01 :ひとり旅と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.09.15 :愛と執着と禁煙宣言 (アトベ ナツコ)
2016.09.01 :父を愛さなければいけないですか? (アトベ ナツコ)
2016.08.15 :わたしがだいじ、ということ (アトベ ナツコ)
2016.08.01 :幸せになる方法 (おひさま てるこ)
2016.07.15 :女性らしさって? (おひさま てるこ)
2016.07.01 :大切なもの【名前】 (おひさま てるこ)
2016.06.15:私が私に愛されるまで (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.06.01 :おいしいとありがとう (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.05.01 :溺愛がもたらしたもの (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.04.15 :愛のかたち (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.04.01 :家族からの愛 繋がっている愛 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.15 :手から溢れる愛。手から伝わる愛。 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.01 :人の愛 愛を伝える (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.15 :愛のある対応 (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.01 :ふれあうということ (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.01.15 :自分愛+自分愛=親子愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2016.01.01 :自分大好き愛。 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.15 :お金の愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.01 :あなたにしかできないことは、何ですか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.15 :どのような愛をもって、“小さなこと”を始めてみますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.01 :愛情は、どうやって伝えますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.10.15 :信じて待つ (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.10.01 :優しさに包まれて (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.15 :出逢いに感謝 (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.01 :愛されている子は、とても強い (Naomi(なおみ))
2015.08.15 :愛について (Naomi(なおみ))
2015.08.01 :愛、というもの (Naomi(なおみ))
2015.05.15 :私が思う「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.04.01 :個人活動で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.03.15 :仕事で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.02.15 :人は心でできている (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.02.01 :次世代につなぐ絆(挑戦) (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.01.01 :出逢い(ご縁)から始まる愛 (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2014.12.01 :政治家の命は情熱 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.15 :30年以上人の心に生き続けたことば (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.01 :母の膝小僧 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.10.15 :星に願いを 月に祈りを (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.10.01 :それでもやっりぱり人が好き (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.09.15 :無償の愛をありがとう (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.08.15 :自分への愛について (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.08.01 :多様性の愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.15 :衣装から伝えられた 愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.01 :愛は伝わる〜以心伝心〜 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.15 :今を変えなければ明日を作れない (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.01 :支える愛 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.05.15 :感謝するより大切な事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.05.01 :愛を知らない世代に伝えるべき事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.15 :家族の愛とは (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.01 :「おお、友よ!」 出会いと友情と歓喜の歌と (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.15 :「世のため人のため」「誠は天の道なり」と祖父は云い…… (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.01 :「歳歳年年人同じからず」されど、人の思いは連なっていく (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.02.15 :愛することと別離について (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.02.01 :身近な者を幸せにするということ (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.15 :「共に生きるために」人と農を根幹に据えるアジア学院から教えられたこと (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.01 :マンデラさんの死と「I am not Chinese」 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.15 :八田與一を偲ぶ台南での5月8日 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.01 :スコットランドでの賀川豊彦再発見 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.11.15 :大宮公園と本多静六 〜大宮からの報告 そのB〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.11.01 :何かあったら、まずお氷川さまへ 〜大宮からの報告 そのA〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.15 :地域で一番の通り目指して 〜大宮からの報告 その@〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その3〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.15 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その2〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その1〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.08.15 :封建時代が座っていた! (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.08.01 :避病院への道 (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.15 :八月二十四日 三貂(てん)角沖三マイル (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.01 :猫の事務所 (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.15 :義経が好き (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.01 :琵琶と旅して (室井 三紀(むろい みき))
2013.05.15 :戦後の話(随想) (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.05.01 :戦争への足音 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.15 :思い出の記 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.01 :ホワイトバッファローの祈り (美炎(みほ))
2013.03.15 :戻るところ (美炎(みほ))
2013.03.01 :風がふくとき (美炎(みほ))
2013.02.15 :愛を感じる豊かな風景 (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.02.01 :いのちのつながり感じる暮らし (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.01.15 :子どもの誕生と気付き (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2012.12.01 :NICUのちいさないのち (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.15 :誕生の場で見つめてきたこと (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.01 :愛の記憶 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.15 :愛ゆえに人は苦しまねばならないのか。 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.01 :哀しみの果てに輝く美しさ (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.09.15 :そして最高に愛しい人と出会った 米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.09.01 :偉大なる愛の瞬間 至高体験 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.15 :幾千民族 愛情と戦場 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.01 :愛するということ (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.15 :「呼吸」には力がある (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.01 :私にできる「小さな愛」 (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.06.15 :魂は、あなたが気づくのを待っている (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.06.01 :新しいコミュニケーション時代に必要なこと (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.15 :「人のご縁」が人生の変容を迫ってくる (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.01 :生きざまを残す  (比田井 和孝(ひだい かずたか)
2012.04.15 :どんな仕事でも人を幸せにできる。大切なのはその人の「あり方」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.04.01 :船井幸雄先生の教え「何のために働くのか」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.03.15 :いつも神さまは… (矢島 実(やじま みのる))
2012.03.01 :困難のおかげで気付けた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.15 :116テンポがつないでいくれた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.01 :父からの「愛のバトン」 (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.15 :自分を愛するということ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.01 :いつかめぐり会うあなたへ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2011.11.15 :「慈愛」の心を持つ努力 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.11.01 :愛を失わないためにできる事。 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.15 :愛を感じる「時」 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.01 :日常の中で小さな幸せを感じる方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.15 :香りをつかって「愛」を呼び込む方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.01 :スキンシップから目覚める自己革命(眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.08.15 :大切なものを大切にするということ(水村 和司(みずむら かずし))
2011.08.01 :あなたのミッションは何ですか?(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.15 :悲しみのクラスター(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.01 :いちばんたいせつなことって、いったい何?(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.15 :恋は “カゼ”(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.01 :パートナーは、人が運んでくる(佐藤 伝(さとう でん))
2011.05.15 :単純なものに真実がある(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.05.01 :本気で叱る、関わり続けるということ(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.04.15 :今の自分がいる理由(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.03.24 :人生を愛で満たす(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.03.01 :愛のバトン(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.15 :“愛”はすでに自分の中にある(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.01 :“おめでとう”は器のバロメータ(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.15 :“ありがとう”は魔法の言葉(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.01 :愛を持って(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))



51コラボセミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター