img

リレーでつなぐ"ハート"の話

このページは、リレー形式でそれぞれの人に“愛”をテーマに、恋愛や家族愛、人間愛、パートナーシップ、コミュニケーション、大切な人への想い…などを自由に語っていただくページです。 それぞれの方に半月に1回、計3回ずつご執筆いただき、その方から次にご執筆いただける方を紹介していただく形をとっています。順々に人と人とのつながりの輪が広がっていきます。

2017.12.01(第151回)
♪今回の執筆者♪
正木 隆之さん(1回目)
正木 隆之さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
前回の執筆者 升光 泰雄さんから正木 隆之さんに対するメッセージ

京都は右京のとある仲間で、一年に一度手作りの劇をします。今回からのコラムの担い手、正木隆之さんは、ユースホステルをはじめ青少年に向き合う仕事に永年従事され、劇でも子どもたちのお父さん役です。少々気弱でお母さんの尻にしかれる役柄ですが、役作りが絶妙でチャーミングで人間味にあふれ、劇の結末の家族の和やかさ・夫婦愛をほのぼのと導き出してしまいます。それは正木さんの人柄・人間的魅力から生まれてくるもので、最愛の奥様ばかりでなくあらゆる人々・物事に対して分け隔てなく優しく誠実で、正義感と愛にあふれる向き合いです!たくさんの人々が勇気を正木さんから与えられたことでしょう。「愛と勇気」……まさしくアンパンマンのテーマ……正木さんがアンパンマンに見えてきました。
退職後の昨年、百日以上かけて自転車での日本縦断に挑戦する行動力と勇気には脱帽です。その記録には正木さんの人生そのもののようなゆたかさを見出せます!
さあ、正木ワールドの3回のシリーズ、乞うご期待です!!

愛は惜しみなく・・

 園長ゴリラこと升光先生からバトンを受けた正木隆之と申します。
 子どもの世界を軸にして時間や空間が自在に交錯するマスミツワールドの深い精神世界に魅せられていたら、あっという間に自分の番が回ってきてしまいました。
 いや〜、ほんとにこの私に「愛」なんて語れるのでしょうかね〜?
 ふだんは、それが頼まれたものであっても事前に書きたいことの輪郭はおおよそ思い描けているものですが、今回は皆目見当がつきません。なので、もちろん戸惑っているのですが、不思議なことに「私は何を語るのだろう?」と、外側から自分の内面をのぞき見るようなワクワク感も湧き上がってきます。
 洞窟の先の小さな光芒をたよって新たな出口を探す探検家のように、これからこの「愛」という捉えがたいテーマに手探りで迫っていきたいと思います。
 ただ、63歳が愛を語るとなるとリアルタイムの事例が不足しているので、古い記憶の引き出しをあちこち開けて、経験や先人の知恵を借りながら「愛」の周辺を彷徨うことになりそうです。取り散らかって歩きづらかったり、道に迷って引き返したりするかもしれませんが、どうか寛容に辛抱強くおつきあいくださいませ。

 これから3回のタイトルとテーマはこんな感じで行こうかと思っています。
1.「愛は惜しみなく」・・・愛とは?
2.「袖ふりあうも」・・・旅で出逢った人々
3.「送る人、迎える人」・・・父と母と友と

      *         *         *

 いまはお腹のせり出したハゲ親父で、およそ愛などという言葉が似つかわしくないことは十分自覚していますが、こんな私にも愛の遍歴があり、若い時分には「愛してる」という言葉を何度か口にしたことがあります。でも、「愛している」というたびに違和感を感じ、この自分の気持ちは「好き」であって、「愛してる」ではないのではないかと居心地が悪かったことを憶えています。
 西洋の映画を見ていると、“Je t'aime(ジュテーム)”や“I love you”というセリフが、ごくごく自然に出てきてカッコいいのですが、日本語の“愛してる”ではどうもリアリティがありません。それもそのはずで、もともと日本語には「LOVE」に相当する言葉がなかったそうで、日本にやってきた宣教師たちはその翻訳に苦労したと何かの本で読みました。

 十代の多感なころ、そのタイトルに惹かれて有島武郎の『惜しみなく愛は奪う』を読んでみたことがあります。あまりに難解であえなく討ち死にしましたが、洗礼を受けた有島の「愛は放射するエネルギーでもなければ本能でもない。愛は略奪する烈しい力だ」という言葉に触れて、我々がキリスト教から連想する穏やかな「博愛」とは別の愛があるのだ、と知ることはできました。
 そういえば上智大学の立派なチャペルで知人が結婚式を挙げたとき、神父はこう言いました。「愛はpassionです。人類愛も隣人愛もありますが、それより重要なのは二人の心に宿るpassionなのです!」この神父のいう「パッション」と、有島のいう「略奪する烈しい力」が、まったく同じものかどうかはわかりませんが、「愛とは与えるものではなく、自分自身の内側に宿っている熱情」であるという点で共通しているように思います。

 そんなことをアレコレ考えているうちに、十数年前の同窓会でのある会話を思い出しました。特に親しかった面々と二次会で話していたときのことです。みんなで現在のパートナーとの関係を告白しあっていたのですが、気の置けない仲間内の話なので、それぞれに愚痴が出ます。「うちはもう全然」「必要最小限の会話しかないわ」「触られただけで鳥肌がたつ」などと身もふたもない会話が続く中、ひとりの女友達が言いました。
 「私は今も毎晩手をつないで寝ているよ」
 「えー!!手をつないで寝る?!」とみんなビックリして大騒ぎ。
 「もし、地震などの災害で選ぶ必要があったら、私は子供より主人を取ると思う」
そう続ける彼女に、もう誰も言い返すことはできませんでした。
 50歳に手が届こうという夫婦が毎晩手をつないで寝ているということを、どう理解すればいいのでしょう? 確信があるわけではありませんが、たぶんそれは性愛とは別のもので、あえて言葉にするなら「寄り添ってある」ことを確かめる行為とでもいうべきではないかと思います。

 社会心理学者のエーリッヒ・フロムは『生きるということ』という本の中で、人が生きてゆく上での基本的な存在の仕方には、「持つ様式(to have)」と「在る様式(to be)」の二つがあると言っています。そして、「在る様式」が人を豊かにすると述べているのですが、それは愛についても言えるのではないでしょうか。
 優しいから、イケメンだから、お金持ちだから……と理由が必要ならそれは「持つ様式」の愛。それが失われれば愛も終わり失望が残ります。
 ただあなたがここに寄り添ってあることが喜びと感じられるなら、それこそが「在る様式」の愛に違いありません。他には何もいらない。ただあなたがここにいるだけで私は深く満たされるというのですから、存在があるかぎり失望することはありません。 

 と、ここまで書いて、むかし中学の英語でI miss you.(あなたがいなくて寂しい)という言葉を習った時の不思議を思い出しました。missという単語ひとつに「いなくて寂しい」という意味があるわけで、そんな言葉は日本語にはみあたりません。「不在の寂しさ」の反対が「存在の喜び」だとすると、missの対極がlove=愛ということなのか!と思い当たりました。
 愛しているというのが、相手の存在を自らの内に引き寄せ、歓喜する状態だと考えると、有島の言う「惜しみなく愛は奪う」の意味も少しわかったような気がします。

 初回からずい分理屈っぽい話になってしまいました。
 もし、「愛ってなに?」と疑問に思うようなときがあったら、夜、布団の中でそっとパートナーの手を握り、その存在の温もりを心から味わってみてはいかがでしょう?……。
 そんなお勧めをしてこの回をお開きにしたいと思います。

Profile:正木 隆之(まさき たかゆき)

正木 隆之さん
・1954年 京都生まれ。
・社会教育関係の財団法人に40年勤め、2016年に退職。
・自転車による日本縦断旅行などで1年間の充電。
・2017年「ひと・つながり研究所CO×ODらぼ」を設立。専門はコミュニケーションとグループワーク。ラボラトリートレーニング。
・最近の関心は本づくり(高齢者のメモリーブック)と冷やしあめの復活。
・好きなことは見つけにくいものを探すこと。きのこ、水晶、化石、生きる意味、誰かが落としたコンタクトなど・・。
バックナンバー
2017.12.01 :愛は惜しみなく・・ (正木 隆之(まさき たかゆき))
2017.11.15 :お店屋さんごっこから 未来へ (升光 泰雄(ますみつ やすお))
2017.11.01 :未来からの委託を感じて・・・ (升光 泰雄(ますみつ やすお))
2017.10.15 :内なるちびっこワールド (升光 泰雄(ますみつ やすお))
2017.10.01 :家族の絆が愛の原点 (藤田 裕之(ふじた ひろゆき))
2017.09.15 :チャイルド・ファースト (藤田 裕之(ふじた ひろゆき))
2017.09.01 :愛の原点は「レジリエンス」 (藤田 裕之(ふじた ひろゆき))
2017.08.01 :やっぱり「愛」 (柱本(藤田) めぐみ(はしらもと(ふじた) めぐみ))
2017.07.15 :こころのつながり (柱本(藤田) めぐみ(はしらもと(ふじた) めぐみ))
2017.07.01 :愛してる… (柱本(藤田) めぐみ(はしらもと(ふじた) めぐみ))
2017.06.15 :PTAとトイレ掃除 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.06.01 :海外留学と母、そして友情 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.05.15 :私の人生 (加藤 陽一(かとう よういち))
2017.05.01 :夢 (大野 丈(おおの じょう))
2017.04.15 :機会 (大野 丈(おおの じょう))
2017.04.01 :知ることにより、もたらされる愛 (大野 丈(おおの じょう))
2017.03.15 :仲間 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.03.01 :誕生日 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.15 :毎日を愛する。 (佐藤 弥生子(さとう やえこ))
2017.02.01 :はたらきの『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.15 :育ちあう『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2017.01.01 :全てをはぐぐむ『愛』 (岡田 枝理子(おかだ えりこ))
2016.12.15 :愛 (彩乃(あやの))
2016.12.01 :根付いた愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.15 :場所への愛情 (彩乃(あやの))
2016.11.01 :これからと、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.15 :結婚感と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.10.01 :ひとり旅と、自分を愛すること。 (かっぺ)
2016.09.15 :愛と執着と禁煙宣言 (アトベ ナツコ)
2016.09.01 :父を愛さなければいけないですか? (アトベ ナツコ)
2016.08.15 :わたしがだいじ、ということ (アトベ ナツコ)
2016.08.01 :幸せになる方法 (おひさま てるこ)
2016.07.15 :女性らしさって? (おひさま てるこ)
2016.07.01 :大切なもの【名前】 (おひさま てるこ)
2016.06.15:私が私に愛されるまで (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.06.01 :おいしいとありがとう (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.05.01 :溺愛がもたらしたもの (平野 礼子(ひらの あやこ))
2016.04.15 :愛のかたち (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.04.01 :家族からの愛 繋がっている愛 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.15 :手から溢れる愛。手から伝わる愛。 (片山 さやか(かたやま さやか))
2016.03.01 :人の愛 愛を伝える (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.15 :愛のある対応 (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.02.01 :ふれあうということ (阪本 恵美(さかもと めぐみ))
2016.01.15 :自分愛+自分愛=親子愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2016.01.01 :自分大好き愛。 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.15 :お金の愛 (天神 里佳(てんじん りか))
2015.12.01 :あなたにしかできないことは、何ですか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.15 :どのような愛をもって、“小さなこと”を始めてみますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.11.01 :愛情は、どうやって伝えますか? (尾庭 恵子(おにわ けいこ))
2015.10.15 :信じて待つ (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.10.01 :優しさに包まれて (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.15 :出逢いに感謝 (荒木 真由美(あらき まゆみ))
2015.09.01 :愛されている子は、とても強い (Naomi(なおみ))
2015.08.15 :愛について (Naomi(なおみ))
2015.08.01 :愛、というもの (Naomi(なおみ))
2015.05.15 :私が思う「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.04.01 :個人活動で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.03.15 :仕事で感じる「愛」 (神藤 智康(じんどう ともやす))
2015.02.15 :人は心でできている (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.02.01 :次世代につなぐ絆(挑戦) (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2015.01.01 :出逢い(ご縁)から始まる愛 (宇田川 真由美(うだがわ まゆみ))
2014.12.01 :政治家の命は情熱 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.15 :30年以上人の心に生き続けたことば (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.11.01 :母の膝小僧 (桐原 琢磨(きりはら たくま))
2014.10.15 :星に願いを 月に祈りを (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.10.01 :それでもやっりぱり人が好き (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.09.15 :無償の愛をありがとう (多伽羅 心彩(たから しんえい))
2014.08.15 :自分への愛について (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.08.01 :多様性の愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.15 :衣装から伝えられた 愛 (塩澤 政明(しおざわ まさあき))
2014.07.01 :愛は伝わる〜以心伝心〜 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.15 :今を変えなければ明日を作れない (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.06.01 :支える愛 (国府田 利明(こくふだ としあき))
2014.05.15 :感謝するより大切な事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.05.01 :愛を知らない世代に伝えるべき事 (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.15 :家族の愛とは (佐東 界飛(さとう かいひ))
2014.04.01 :「おお、友よ!」 出会いと友情と歓喜の歌と (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.15 :「世のため人のため」「誠は天の道なり」と祖父は云い…… (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.03.01 :「歳歳年年人同じからず」されど、人の思いは連なっていく (鈴木 律子(すずき りつこ))
2014.02.15 :愛することと別離について (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.02.01 :身近な者を幸せにするということ (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.15 :「共に生きるために」人と農を根幹に据えるアジア学院から教えられたこと (賀川 一枝(かがわ かずえ))
2014.01.01 :マンデラさんの死と「I am not Chinese」 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.15 :八田與一を偲ぶ台南での5月8日 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.12.01 :スコットランドでの賀川豊彦再発見 (伴 武澄(ばん たけずみ))
2013.11.15 :大宮公園と本多静六 〜大宮からの報告 そのB〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.11.01 :何かあったら、まずお氷川さまへ 〜大宮からの報告 そのA〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.15 :地域で一番の通り目指して 〜大宮からの報告 その@〜 (新井 孝治(あらい こうじ))
2013.10.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その3〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.15 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その2〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.09.01 :サクラモヒラという活動 〜バングラデシュに関わった17年 その1〜 (平間 保枝(ひらま やすえ))
2013.08.15 :封建時代が座っていた! (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.08.01 :避病院への道 (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.15 :八月二十四日 三貂(てん)角沖三マイル (寺島 玲子(てらしま れいこ))
2013.07.01 :猫の事務所 (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.15 :義経が好き (室井 三紀(むろい みき))
2013.06.01 :琵琶と旅して (室井 三紀(むろい みき))
2013.05.15 :戦後の話(随想) (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.05.01 :戦争への足音 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.15 :思い出の記 (西郷 竹彦(さいごう たけひこ))
2013.04.01 :ホワイトバッファローの祈り (美炎(みほ))
2013.03.15 :戻るところ (美炎(みほ))
2013.03.01 :風がふくとき (美炎(みほ))
2013.02.15 :愛を感じる豊かな風景 (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.02.01 :いのちのつながり感じる暮らし (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2013.01.15 :子どもの誕生と気付き (廣田 充伸(ひろた みつのぶ))
2012.12.01 :NICUのちいさないのち (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.15 :誕生の場で見つめてきたこと (宮崎 雅子(みやざき まさこ))
2012.11.01 :愛の記憶 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.15 :愛ゆえに人は苦しまねばならないのか。 (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.10.01 :哀しみの果てに輝く美しさ (古川 遊(ふるかわ ゆう))
2012.09.15 :そして最高に愛しい人と出会った 米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.09.01 :偉大なる愛の瞬間 至高体験 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.15 :幾千民族 愛情と戦場 (米盛 つぐみ(よねもり つぐみ))
2012.08.01 :愛するということ (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.15 :「呼吸」には力がある (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.07.01 :私にできる「小さな愛」 (橋本 雅子(はしもと まさこ))
2012.06.15 :魂は、あなたが気づくのを待っている (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.06.01 :新しいコミュニケーション時代に必要なこと (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.15 :「人のご縁」が人生の変容を迫ってくる (鈴木 七沖(すずき なおき))
2012.05.01 :生きざまを残す  (比田井 和孝(ひだい かずたか)
2012.04.15 :どんな仕事でも人を幸せにできる。大切なのはその人の「あり方」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.04.01 :船井幸雄先生の教え「何のために働くのか」 (比田井 和孝(ひだい かずたか))
2012.03.15 :いつも神さまは… (矢島 実(やじま みのる))
2012.03.01 :困難のおかげで気付けた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.15 :116テンポがつないでいくれた愛 (矢島 実(やじま みのる))
2012.02.01 :父からの「愛のバトン」 (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.15 :自分を愛するということ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2012.01.01 :いつかめぐり会うあなたへ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2011.11.15 :「慈愛」の心を持つ努力 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.11.01 :愛を失わないためにできる事。 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.15 :愛を感じる「時」 (堀内 康代(ほりうち やすよ))
2011.10.01 :日常の中で小さな幸せを感じる方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.15 :香りをつかって「愛」を呼び込む方法 (眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.09.01 :スキンシップから目覚める自己革命(眞田 まゆみ(さなだ まゆみ))
2011.08.15 :大切なものを大切にするということ(水村 和司(みずむら かずし))
2011.08.01 :あなたのミッションは何ですか?(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.15 :悲しみのクラスター(水村 和司(みずむら かずし))
2011.07.01 :いちばんたいせつなことって、いったい何?(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.15 :恋は “カゼ”(佐藤 伝(さとう でん))
2011.06.01 :パートナーは、人が運んでくる(佐藤 伝(さとう でん))
2011.05.15 :単純なものに真実がある(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.05.01 :本気で叱る、関わり続けるということ(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.04.15 :今の自分がいる理由(中西 学(なかにし まなぶ))
2011.03.24 :人生を愛で満たす(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.03.01 :愛のバトン(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.15 :“愛”はすでに自分の中にある(原村 和子(はらむら かずこ))
2011.02.01 :“おめでとう”は器のバロメータ(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.15 :“ありがとう”は魔法の言葉(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))
2011.01.01 :愛を持って(佐奈 由紀子(さな ゆきこ))



メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター