img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2017.09.10(第81回)
★今回の執筆者★
フロンティア光栄株式会社 代表取締役
田中 清一郎さん(3回目・最終回)
(田中さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
海底村〜ソマチッドに囲まれた生活

●海底村のはなし
 こんにちは。フロンティアショップ・カムナサロン、オーナーのSeiこと、田中 清一郎です。
 前回お伝えしたように、最終回の今回は海底村のことを書きますね。
 とは言え、今度の書籍の目次案では、3章立ての第1章が海底村で下記の通りなんですけど、2冊出ている書籍の内容についてだけでも相当書けちゃいますし、専門誌や雑誌で紹介されているページなんか数え切れないほどあって、それらについてもお話しする内容はいくらでもあるんです。
 なので、ここではごくほんのさわりになっちゃいますけど、できるだけお伝えしますね。
 今度出版される書籍の海底村の章の目次案です。

+++++++++
第1章 海底村
 ・3歳の時、父親が海底ハウスを作る <親子3代写真>
 ・海底村年表
 ・海底ハウス一世には一度しか潜れなかった
 ・海底ハウス二世は、自分の家になる〜一日に何度も出入り
 ・有名人の普段の顔を知る
   〜坪内壽夫さん、リビア大使、笹川良一さん、ジャックマイヨールさん、多田雄幸さん、プロスポーツ選手や報道、芸能関係の方たち、政治や経済界の著名人など
 ・海上シーベース、陸上基地で毎日パーティ
 ・1気圧の環境下での出来事
 ・満月の晩は貝や魚たちと一緒に月見
 ・海底でこころと出会い、海、地球のメッセージを受け取る
 ・新海底村、歩号三世〜五世の計画
 ・今後の活動(定例会)
 ・使命に向かって

+++++++++

 ハッキリ言って、これだけでも1冊か2冊分の量になっちゃうんですけど、第2章で言霊の詩(コトダマのうた)、第3章でツキの法則やこの世に生まれた意味などの真実情報も入れた書籍にしようってことになって、、、とっても内容が濃くてお得な本になりそうな気がします。自分で言うのもなんですけどね(~_~;

●海底村、海底ハウスとは
 さて、その海底村です。
 海底村っていうのは、おいらの著作権証拠保全証の名前で言うと、<水中居住施設『海底ハウス』をメインとして、水中カプセルなどの水中施設群及び水上基地『シーベース』を含めた海中・海上施設群>のことを言います。

 ここでは、海底村のメインである海底ハウスのことをお話ししますね。
 海底ハウスは、鉄製のかまぼこのような形をした潜水艦みたいな感じの水深10m弱の海底に沈設して、居住スペース内壁には木材をつかった家です。
 発明者であるおいらの父、和栄(かずひで)は海底ハウスを歩号一世(あゆみごう・いっせい)と名付けて1968年愛媛の海に沈設して7日間の海中生活実験に成功しました。
 これ、民間では世界初のことで、マスコミに相当取り上げられたんです。
 当時、小川宏ショーという人気番組があって、そこで3歳の息子として抱っこされて出たのがおいらのテレビデビューでした(笑)。
 この海底ハウスは、静岡県沼津市の三津天然水族館(現、三津シーパラダイス)沖に移設して、うちも横浜に引っ越しました。こうなるまでにもいろんなストーリーがあるんですが、それは書籍で。
 歩号一世は7名定員で、手狭になったので1974年に52名定員の歩号二世を新設してとっても快適になったんです。
 古くなった歩号一世は日本船舶振興会に寄贈して、今でもお台場の船の科学館前に常設展示されていて、誰でも無料で見られるようになっています。

●テレビ映像
 おいらが以前、日本テレビの「ザ!鉄腕!DASH!! ダッシュ海岸」に出演< http://www.fij.jp/dash_kaigan.html ←このページの下方に当時の出演映像を無料でダウンロードできるようにしています。>したときの映像で海底ハウスの内部もわかります。
 ちなみにこの時のロケ、2時間以上やって放映は5分でした(~_~;
 でも、あらためて観てみたら、海底ハウスのことがとってもよく解かる映像になっていますのでご覧ください。
 もしお台場の近くに行かれるようなことがあったら、船の科学館前で下車して覗いてみてください。モノレール「ゆりかもめ」の窓からも海底ハウス歩号一世が見えますよ。
 動画をダウンロードされるなら、ついでに< 海底ハウス歩号1世の内部−2〜2012年1月13日の四国なぞ解き行脚「冬編」 >も観られたら13分くらいの放映時間なので、もう少し詳しく解ります。

●水深10mの別世界
 あと、海底ハウスについては、おいら海底村のホームページを立ち上げていて、その中で海底村年表も掲示しています。
海底村年表< http://www.kaiteimura.com/history.html
 なんでホームページを立ち上げたのかっていうとですね。
 いつかまた、あの海底10mでの体験を皆さんと一緒にしたいと思っているからなんです。
 海底10mでの体験っていうのは、どんな体験かというとですね。
 そこは気圧が1気圧高い環境で、全てに対して圧がかかっている世界なんです。
 具体的に言うと、水の沸点が110度くらいになるのでコーヒーを入れても陸上の感覚で飲もうと思ったらヤケドしちゃうとか、普通の電気釜でお米を炊いても圧力釜になって美味しくなったり、傷口がひと晩で治っちゃうくらい治癒が早くなるし、出入口で釣ったアジとかを捌いて食べると信じられないほど美味しかったりします。
 私たちは、圧のかかった海中から陸上の大気に上がった状態の魚を食べていますよね。海底ハウスでは、その水圧のままの状態の魚を食べることが出来るんです。
 という風に、目に見えることもたくさんありますけど、目に見えない音や波動のようなものにも平等に圧がかかっている世界なんです。
 声が伝わる速度が速いですし、実は「思い」というものにも圧がかかっていて、思いが伝わりやすくて、良いものや綺麗なものはより良く綺麗に感じられて、嫌なものも同じようにより強く感じたりするんです。
 当時、海底村には若いダイバー達が入れ代わり立ち代わり訪れて、海底ハウス内や海上シーベース、陸上施設で毎晩パーティーのような楽しい夕食会をしていたんですけど、子供だったおいらから見ても女性はみんなキラキラ綺麗で男性はみんなカッコよく見えました。
 カップルの成立率も高かったんですけど、別れるカップルも多かったみたいです(笑)。
 そんで、おいらには海底ハウスでの友達がいました。石鯛やクロダイといった魚たちです。ハウスのガラス窓は分厚く2重になっているので、声なんか海の側に聞こえる筈ないんですけど、「ギンジぃ〜」とかクロダイの名前を呼ぶとどこからともなくやってきてくれたりしたんです。
 ね、凄い世界でしょ?

●ツキを呼び寄せる法則
 テネモスをご存知の方はよく解るかと思いますけど、故飯島秀行先生は書籍『フリーエネルギー版 宇宙にたった1つの神様の仕組み』などで、「圧がかかれば質が変わる、物も人も思いも圧がかかれば変容する」ということの証明ですね。
 おそらくなんですが、海底世界はソマチッドの密度も濃くて、それに囲まれた環境ということも海底生活が別世界だという大きなポイントなんじゃないかとおいらは思います。
 そのソマチッドに囲まれた生活が、今すぐにできる情報も最後に載せますね。
 そんな海底ハウスの窓から外の海中を眺めていると、海というか地球からの声が聞こえてくるような、メッセージを送られているような感覚になる瞬間がやってくることがあるんです。
 その声、メッセージを受けっとった人は、、、
「私たちはこの地球の環境を取り戻して、良くしていく役目を持って生まれてきたんだ」ということに気づくんだと思います。
 自分の役目に気づいて、生かされているんだってことを実体験で知った人には、強力なバックアップがつくようです。そう。
 いわゆるツイてくるんですね。そうなると、もっと社会貢献がしたくなってくるっていう好循環サイクルに転換されるそうです。
 そんな人が増えたらどうなりますか?

 自分自身も周りの人たちも、環境も地球も喜ぶことになりますよね。
 ね、だからまた海底ハウスの体験をみんなで一緒にしたいって思うのは当たり前ですよね。
 なので海底村のことを伝えていきたいと思ってホームページをたちあげたんです。

●封印された20年
 でもですね。おいらは、その海底村で幼少から中学生まで暮らしたわけですけど、おいらにとっては当たり前のことで、そんな経験をしている子供が世界で他にはいないなんて考えたこともありませんでした。
 なので、いま考えたら友達に「10メートルの海底に住んでてね」とか「海底ハウスでね。クロダイの友達のギンジがね」なんて話をしても信じてもらえる訳もなく、「田中くん、嘘ばっかりついてる」とか、「先生にいいつけてやる」とか言われて、メッチャ戸惑ったり、先生に説明しても「嘘は良くないぞ」なんて言われて、とても傷ついたというか、辛い思いをした記憶があります。

 おいらは嘘なんかついてないって一人でも証明してくれる人が欲しくて、親友と思っていた友達K君に「海底ハウスに一緒に入ろうよ」って誘ったりもしたんですが、いざ潜って入ろうという段になったら、「いや、なんか怖いから俺はいいよ。あそこの下に海底ハウスがあるんだろ? 俺は信じるから」って、結局彼は海底ハウスに入ることなく、おいらの嘘つき疑惑も払拭してくれることはありませんでした。

 ということで、先生からも信じてもらえないで嘘つき呼ばわりされちゃったりで、その時点からおいらは、海底村のことを人に話すことを封印しました。
 それからは、父がテレビや新聞や雑誌に出ても、百科事典に載っても外では誰にも言いませんでした。
 そうして20年余りが過ぎたある日、親友でプロギタリストでもある内田充から「こんなことやって息抜きしてるよ。やってみれば?」ってMixiの招待メールをもらいました。

●舩井幸雄先生との出会い
 Mixiに入ってみると、自分に興味のあるコミュニティが選べていろんな人とネットでコミュニケーションが出来た当時最新のツールは、インターネットビジネスを始めたばかりのおいらにはとても参考になると思って、その時気になっていたキーワードのひとつ、「本物」で検索してみたら出てきたわけです。
 そう、「舩井幸雄」という名前が。これが幸雄先生の名前を知ったきっかけです。
 「本物」で常に引っかかってくる「舩井幸雄って誰だ?」こう思って頭に幸雄先生の名前が残っていた時、これまた偶然にも(ホントは必然なんでしょうけど)海底ハウス創設時からの父の友人で協力者だった坂井さんが家に来ていて、フォトンベルトの話を父に話していたんです。
 おいらは坂井さんに「その本、貸してもらってもいいですか?」って借りてみたら、なんと!それが幸雄先生の本だったんです。
 通勤時間に読んでみたら、なんと面白い!一気に読んでしまいました。
 あらためてMixiでいろいろチェックしてみたら、世界で初めて経営コンサルタント会社を上場させた人、300冊以上も書籍を出している凄い先生ということが判って幸雄先生に憧れました。「こんな人に経営を教えてもらいたいなぁ。。。」
 この気持ちと同時にあとふたつくらいのことがとても重要になるんだと思いますけど、とにかくその思いをリアルに頭に描きました。

 そんな思いでMixiにいくつかあった幸雄先生のコミュニティのひとつ、21世紀幸塾が目にとまって入ってみたら、管理者の小滝流水さんこと、大下伸悦さんという方が日記も書いていましたので、コメントしてみました。
 そしたら、すぐに返信を頂いて、何度かやり取りしていると、「舩井に会いたいですか?」って聞かれたんです。
 「えーっ!会えるんですかーっ!?」って聞いたら、「はい、熱海の舩井邸横の会場に来てください」って。
 行ってみたら、90名定員の21世紀幸塾月例会が行われていて、おいらはその90番目に入れてもらったようです。
 会の最後に幸雄先生がみんなの前でお話しされたあと、希望者は一人ずつステージの幸雄先生と一言ずつお話しできたんです。
 おいらも、流水さんのおかげで二言三言お話しすることができたんです。
 でも、凄いのはその後です。

●一気に舩井ファミリーとお近づきに
 すっかり流水さんと幸雄先生のことが大好きになったおいらは、関連するいろんな会に参加して、常に幸雄先生と流水さんの行動を見ていました。
 そしたら流水さんは、講演を聞いている時も座らず参加者に気配りして、交流会でも食べずに飲まずにひたすら皿を配ったりゴミをひろったり片づけしたりしていました。
 流水さんは、100社以上の経営者ということを知っていたので、そんな凄い人がそういう行動をしているってことにとっても衝撃を受けました。

 その時からおいらも出来るところを真似するようにして、ある日、品川で幸雄先生を囲んで行われた「100匹目の猿現象の会」の後片付けを流水さんと一緒にしていた時、封印していた海底村のことを流水さんに言ったんです。「自分、これまで誰にも言ってこなかったんですけど、海底ハウスっていうところで海の中で生活していたことがあるんです」って。そしたら流水さんは、なんと!
 「はい、知っています。私はその新聞の切り抜きを今も持っていますから」って。
 「え? えぇーっ!? ご存知なんですか?」
 「はい、Seiちゃんはこれから海底村、海底ハウスのことを外で話して、伝えていく必要があるんです。まずは、新日本文芸協会で発表しましょう。その後、舩井先生にも紹介しますから」って。
 なんと、夢のような、、、。と思う間もなく、初めての講演を設定してもらって観客の前でお話しをして、おっちゃん先生と呼ばせて頂いていた住吉先生に『海底村の少年セイの冒険〜僕は海底でこころと出会った』を出版してもらいました。
 そしてほどなく、品川の船井本社会長室で幸雄先生との面談が実現したんです。

 その後、突然幸雄先生からおいらの携帯に電話をもらったときは、心臓が飛び出るほどビックリしましたけど、伝説となったアークの会に招待してもらったり、そこで本物中の本物を作る社長達をご紹介してもらったり、海底ハウスの眠る沼津内浦湾の淡島ホテルで講演依頼を頂いたり、現会長の舩井勝仁さんを紹介してもらって仲良くなったりと一気に舩井ファミリーと距離が近づいて、とっても可愛がってもらうようになりました。

●海底村再興よりも、まずすること
 このことの詳細をお伝えすることが、もしかするとツキを呼び寄せる法則に繋がるんじゃないかと思うので、今度の書籍には詳しく書こうと思っています。
 あ、「お前には海底村というものがあったから、幸雄先生に可愛がってもらったんじゃないか。私にはそんな特別なものはないから参考になんてならない」と思われる方もいるかもしれません。
 でも、違うんです。
 何も特別なものを持っているわけじゃないという人でも、特別なものを持っているという人でもツキとか幸運を呼び寄せるのには違いはないようなんです。
 まずは自分で出来る行動を起こすことなんですが、そのことは書籍で出来るだけ書きたいと思います。
 ということで、海底村のさわりの話はこの辺にして、あとは書籍に譲りますけど、おいらが海底村をもう一度復活したいっていう気持ちはちょっとは伝わりましたでしょうか。
 ここは【舩井幸雄注目の“本物”に携わる人たち】というコラムです。この海底村、海底ハウス、そして海中居住の経験がが本物であると思って、この最終回を書きました。

 海底村の再興は明日明後日のことではなく、もうちょっと先に時期が来たらまた皆さんの耳に入った時に一緒にやりましょう、っていう行動を起こしていきたいと思っています。
 じゃぁ、今すぐおいらと皆さんが行動に起こせることはというと、第1回第2回でお伝えした本物商品たちです。
 さらにですね。最終回記念というわけではないんですけど、不思議とこの時期にきっかけがあるもんなんです。
 次のことが最終回の発表です。

●役割に向かう助け
 今月の新着情報も、本物に触れ、体調を良くして役割に向かう助けになるのではないかと思いますので、ここでもお伝えしますね。

◆奇跡のベッド浴に痛みが消えるスピーカーと波動転写装置が追加!
 奇跡のベッドの凄いオプションにまたもう一つ、加わりました。
 64ヘルツの音波が人の痛みに効くということが判り、それを聴覚障がいの方でも音楽を楽しむことが出来るという抱っこスピーカーで流し、それを抱っこすることによってあらゆる長年の痛みが消えたという検証結果が出ているということで、ベッド浴にその64ヘルツ音波の抱っこスピーカーが加わりました。このスピーカー発明者、菅順一さんの講演とスピーカーの手作り教室が9月9日に行われます
 痛みでお悩みの方は申し出てくだされば、優先的にベッド浴の予約を受け付けます。
 さらに、あのサムシング・グレートという言葉を作った村上和雄先生が推奨されている波動転写装置が導入されて、万能体調改善、ベッド浴前後に飲む水宝水の自分仕様化、本物商品の自分仕様化が無料でできるようになりました。

◆奇跡のベッド浴利用料が半額に!
 上記の新装置が加わってバージョンアップしたカムナサロンのベッド浴ですが、その利用料も1回券(25分浴)5,000円を当面2,500円。1クール(2枚)を4,000円。回数券も5枚券19,000円が9,000円(1枚当たり1,800円)、11枚券40,000円が17,600円(1枚当たり1,600円)と大幅にお得になりました。(期間はさしあたり9月末までです。購入された回数券は期限はありません。)< http://gop55.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2240815&csid=0
 これによって、交通費や利用料がネックで頻繁に通えなかった方に広くご利用いただけたらと思います。中京や東北からも定期的に来られている方もおられます。まだ体験されていない方はこの機会に是非一度お試しください。電話、メール、FAXで予約できます。

◆視界ハッキリくっきりセットの継続コストが格段に減りました。
 視界ハッキリくっきりセットEnexナノパウダー還元水・アイ(30ml)の容器が一滴ずつ使えるように変わったことで、1回の使用量を抑えて洗眼することができるようになったため、Enexナノパウダー還元水・アイのもちがこれまでの3倍〜5倍になりました。
 眼の回復には継続が必要です。そして、眼はとても大切ですね。今回の容器改良で、継続コストが数分の1に減ることになります。
 いつまでもありのままを見ることが出来る眼を維持していきましょう。

●ソマチッド濃縮液が完成!
◆Enexソマチッド濃縮液が発売開始へ

Enexナノパウダー還元水・ソマチッド(ソマチッド濃縮液)について、
第1回目のメーカーからのロットでは、10ml 6,750円、30ml 18,900円、60ml 36,450円の3種類で届きましたが、「本格発売に向けて種類を絞って耐久財とは異なる価格設定を」と交渉した結果、30mlの一種類に絞って次の新価格で販売できることになりました。

・Enexナノパウダー還元水・ソマチッド(ソマチッド濃縮液)
ソマチッド10 <10ml>(約200滴) 6,750円→廃盤(在庫限り1,800円)
ソマチッド30 <30ml>(約600滴) 18,900円→5,400円
ソマチッド60 <60ml>(約1,200滴) 36,450円→廃盤(在庫限り10,200円)


 Enexナノパウダー還元水・ソマチッドの知識として、下記、商品同梱説明書を参照してください。

+++++++++
ソマチッドとは、現在最小の生命体とされている細胞(赤血球)の1,000分の1というこれまでの常識を覆す超微細生命体で、活き活きするものに多く、死にゆくものからはほとんどが去っていく意思を持ち、生命力に最重要といわれています。

Enexナノパウダー還元水・ソマチッドは、ソマチッド濃縮液とお考えください。
食品商品に添付するシールの接着剤にEnexナノパウダー・ソマチッドを添加すると酸化防止、鮮度保持の作用で味がおいしく長持ちし、還元作用により食品添加物や農薬等の害を軽減します。
生活で使用される場合、あらゆる場面で無害化と健康、そして環境改善に寄与します。下記は利用例の一部です。これらを参考にして、いろいろなところで使用してたっぷりのソマチッドに囲まれた快適生活を実現してください。
・リンス200〜300ml…5滴、・シャンプー…5滴、・洗濯水…5滴、・加湿器の水2ℓ…5滴、・食器洗浄機の洗剤…5滴、・コップ1杯の水…1滴、・料理1皿…1〜2滴、・浴槽水…20滴、・排水溝…3滴、・宝珠の浴槽水…5滴

+++++++++

◆8ポケットプランター専用格子ネットRedが大きく、さらに長いサイズで統一
 一度に9種類の作物が植えられる画期的な8ポケットプランターに、虫・草・風・日光対策の専用格子ネットが大人気ですが、そのサイズと価格をメーカーと検討、交渉した結果、これまでよりも大きなサイズ(高さ)で統一され、価格も一気に安くすることに成功しました。
 サイズは75cm×100cmで価格はこれまで1,990円でしたが、当面は1,500円税込で販売できることになりました。
 ついては、これまでの価格のものも1,500円で販売致します。
 値戻し(値上げ)されても困りますと伝えてありますが、今のうちに購入しておかれることをお奨め致します。

◆舩井フォーラム2017に今年もフロンティアショップが出展
 9/23(土)9/24(日)にパシフィコ横浜で行われる舩井フォーラム2017「超意識の目覚め」〜にんげんクラブ全国大会に、フロンティアショップも2階シーサイドロビーにブースを出展致します。
 前述の本物商品をはじめ、スーパー微生物自然農資材や美味しい産直みかん、すだち、愛媛レモンなどをご用意してSeiとスタッフでお待ちしております。
 新着情報は以上ですが、前回限定キャンペーン商品の中で、いくつかはキャンペーン価格を継続しているものもあります。いつ終わるかわかりませんので、今のうちにお求めください。

 舩井フォーラムブースのスタッフは、各日1名ずつは決まっていますが、もしかしたら1名ずつのブースお手伝いを募集するかもしれません。
 また、もしかすると今月末か来月にはさらに凄い本物商品の嬉しい情報をお伝えできるかもしれませんので、ブログ、ホームページをチェックしていてくださいね。

 これで最終回の原稿とさせていただきますが、毎回いろんな方から頂くコメントが何より有難く、おいらのチカラになっています。
 3回にわたって長〜い原稿をお読みいただき、心から感謝いたします。
 では、今度はカムナサロンか舩井フォーラムかフロンティアショップのやりとりでお会いしましょう。
 今回も最後までお読みくださって、ありがとうございます
 Sei(~-~)

Profile: 田中 清一郎(たなか せいいちろう)

田中 清一郎さん(コンサート後、頂いた花束と)
1965年愛媛県北宇和郡(現宇和島市)生まれ。フロンティア光栄株式会社代表取締役。にんげんクラブ関東支部代表。楽しく生きる会代表世話人。シンガーソングライターでもある。

父親が作った水深10mの海底の家、海底ハウスで暮らした経験をもつ。
父の交通事故をきっかけに10代から家族5人を養い、教員希望の弟を大学に通わせ、22歳で姉を嫁に出し、25歳で弟を卒業させる。
その間、父の数千万の借金を背負い自殺を考えるも、父の会社(輸出入兼物販会社)を元に起業。
1年後、取引会社(来島どっくグループ)の営業停止や円高などのため、営業を断念し円満廃業。
営業力の必要性を感じ訪問販売会社に就職。
そこでトップセールスマンになるも、給与未払いが続き退職。
いずれまた起業するために組織というものを学ぶ必要を感じ、船舶会社に再就職。英語と貿易ビジネスを学ぶ。
また、日本シンガーソングライターコンテスト入賞も経験。

船会社で6年の現場仕事、7年の東京本社勤務の13年サラリーマン生活を送る中、コンピュータを独学で覚え、2年で船舶会計システムを制作。年間3千万のコストダウンに成功。
翌年同プログラム言語で配船シミュレーションソフトと運行管理ソフトを開発。大手傭船企業の運行部門をまるごと代行する本船運航受託契約という業界新分野の契約締結に成功。
この間に借金を完済。

1999年にシステム部長の行う2000年問題の不正を見つけ、会社に報告したところ、その部長は解任され、図らずも後任に充てられシステム担当になる。
社内業務システムプロジェクトチームの中心として全社の業務効率50%向上を実現。
2000年問題解決のために訪れたマレーシアの会社(本社ノルウェー)との付き合いから、船舶管理システムの販売で独立。
さらに、縁のあったアートガラスのインターネット販売を開始し、2001年、フロンティア光栄株式会社を設立。

そして、海底村をきっかけに舩井幸雄氏をはじめ多くの著名人と交流。
1990年 世界初の海中結婚式(フジテレビ・スーパータイムで放映)後、現在も年に1〜2回程度テレビ雑誌などで紹介されている。
2007年 船井幸雄直感力研究会ツアーで海底ハウス2世の眠る海の淡島ホテルで父親と講演した翌月(舩井幸雄氏が倒れた同じ日)に過労で倒れ心肺停止。一度死亡と診断されるも奇跡的に蘇生。後遺症もなくあの世の記憶も持ち帰る。
以降、メッセージを受け取るようになり、それらが「大いなる自己」「守護するもの」からのものと判明。「本物とは何か」「人が生まれた意味」そして「使命」を知る。

Sei以外へのメッセージでもあると思われるものを発信。並行して、本物と呼ぶことのできる講師を招いた講演会、セミナーを毎月8〜10回開催し、メディアには出ない本物情報、健康と美と幸せのための情報を発信している。
著書『海底村の少年Seiの冒険』。CD「海のみた月」(全5曲)。「新しい時代」(全11曲)など。
*******************
フロンティア光栄株式会社
「健康と美と幸せの店 」フロンティアショップ・カムナサロン

Tel: 0120-645-121(045-520-4044)
Fax: 020-4664-1131
Mail: info@fij.jp
本物ショップ http://www.fij.jp/別館サイト http://gop55.net/
★フロンティアショップ横浜・港北(綱島)店・カムナサロン
  〒222-0001 神奈川県横浜市港北区樽町2丁目13-1
  Tel: 045-642-4657 / Fax: 045-642-4647
※ 奇跡のベッド体験や本物商品購入もできますが、ご来店は事前にご連絡ください。
※ ご相談はお一人様15分まで無料です。
★カムナサロン http://gop55.net/sei/cafe/
 ◆ 定休日: 月曜日及び特別イベント日(月4回前後)
日曜祭日も営業日ですが、事前にお電話ください。
★ウェブショップオフィス・お問い合わせ窓口: 横浜
  Tel: 045-520-4044(0120-645-121)
 ◆ 定休日 :土曜日、日曜日、祭日
 ◆ 営業時間:09:30〜20:00(平日のみ)
---
新着情報:http://www.fij.jp/news/
ブログ(アメブロ):http://ameblo.jp/fij/
ツイッター:http://twitter.com/Sei_Tanaka
メルマガ登録: http://www.fij.jp/mail_maga_Register.html

*******************
バックナンバー
2017.09.10:海底村〜ソマチッドに囲まれた生活 (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.08.10:ツキを呼ぶこと〜真の自由、幸せ (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.07.10:奇跡はこうやって起こる (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.06.10:贅沢と、三つのない (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.05.10:働く、と、はたらく (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
本物研 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター