img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2017.10.10(第82回)
★今回の執筆者★
舩井幸雄 元秘書
加瀬 恵の実さん(1回目)
(加瀬さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
『救い』への道

このコラムに記事を書く機会を頂きましたことに、心から御礼申し上げます。
五感覚で捉えられないことを表現しようとするとき、言葉は実に十分ではありません。
行間を越えて、言葉にならない何かを受け取って、あなたの行動に変化が起こりますようにと、心から祈念いたします。

<祈り>
AUM ブラフマン(普遍の根本原理)の意思たるブラフマナスパティよ。
神々の師であり、祈祷の最上者よ。
その恩寵により、あらゆる障害を取り除き、各々に霊的進化成長を授け給え。
真実ならざるものを打ち砕き、暗やみに光をもたらし給え。
魂が一点の曇りなく清められて、水晶のように透明に輝くように。
大和の心をもつヤマト人が、太陽のごとく世を照らす光となるように。
om tat sat .


初めて接する方が多いと思いますので、少し自己紹介をさせていただきます。
現在自分は、天(存在)からやってくるミッションをメインの仕事とし、またヒーリングが必要な方々に、ヒーリングスペース・ムニでアーユルヴェーダ・トリートメント等を提供しています。

以前、故・舩井幸雄会長が船井総研の社長をしていたとき、秘書を務めていたことがあります。
ちょうど、会長が直感力研究会を立ち上げられた時で、その事務局を担当していました。
また、不思議な力を持った方々がたくさん会長を訪ねて来ておりましたので、そういう方々の担当を仰せつかっておりました。
例えば……。

★アメリカのウイリアム・カウツ博士。
『ビジネスに活かす直感力の研究』(PHP研究所)の共著者です。
数人の直感力スペシャリストと一緒に来日された折は、通訳を務めました。
直感力スペシャリストたちは、過去生のリーディングをしたり、現在の状態を前提にした場合の未来予測をリーディングしたり、どうすればトラブルを回避できる可能性があるか等というアドバイスができる方たちでした。

一番能力が高く、チームリーダー的なチャールズ氏を京都の御所へご案内したとき、面白い助言をいただきました。
「今、御所のあそこの場所で、幼子たちが楽しそうに遊んでいるビジョンが見えました。
これは、どういうことですか?」と質問すると、「それは、あなたが過去生でそこで遊んでいたことがあるから、そのようなビジョンが見えたのです」との回答。
なるほど、そのように受け止めれば良いのだなと、大変参考になりました。

舩井会長は、私との過去生の関わりも質問されたようで、「君とは、5回も過去生で一緒だったそうだ。一度は師弟関係、残りの4回は親子関係だよ」と。
一度目は、ムーの時代に王であった会長の魂と、その神官であったこの魂という関係だったようです。

舩井勝仁さんの魂とも、ムーの時代に出会っていました。
勝仁さんの魂は、この時代でも会長の魂と親子関係だったそうです。
勇敢で正義感が強く、国民を広く思いやる心優しい王子でした。

「来るもの拒まず、去るもの追わず。」
「起こることは、必要、必然、最善。」
「自分に起こることは、必ず自分(過去生も含めて)に原因があると捉え、原因を深く掘り下げて、学び・成長の機会としよう。」

★TM瞑想の創始者、故マハリシ・マヘーシュ・ヨーギー
秘書をしていた1987年、マハリシに1週間インタビューをするプロジェクトがあり、メンバーの一人としてインドへ行って、聖者に会う機会をいただきました。
船井総研の他の3人のメンバーは、皆TM瞑想の実習者でしたが、そのとき自分はまだTM瞑想を習っていませんでした。

初日、待合室で何時間も待たされていたのですが、マハリシの意識が私のマインドにやってきて、「Why do you come here? (何故あなたはここへ来たのですか?)」と質問されました。
「Because I would like to know who I am. (私は、私が誰であるかを知りたいからです。)」と正直に即答しました。
この直後に扉は開かれて、マハリシとの会見が行われたことが印象に残っています。

滞在中、マハリシの祝福によって、アーユルヴェーダの脈診と全身オイルマッサージ&シローダーラを受ける機会が、メンバー全員に与えられました。
自分はシローダーラ中、まるで宇宙旅行をしているかのような深遠な体験をし、果てしない宇宙のビジョンを見ていました。
今思うと、マハリシの恩寵によるものだったのかもしれません。

マハリシの純粋性に感銘を受け、この滞在中にインドでTM瞑想を学びました。
内在する純粋意識や神性を体験できるようになったことで、大いなる変化が起こっていきました。

「ああ、安らげる場所は外の世界にはなく、自分の内側にあったのだ。
私が求めていたものは、これだった」と。

理由なく幸せで、安らぎや平安に満ちて、途切れることのない至福。
変わらない、分かれていない、永遠の実在。
『愛さない』はなく、『愛する』想いしか存在しない、愛の源泉。
ああ、みんな、愛されてここから生まれてきたんだ……!

「扉を全開にして、まばゆい純粋意識の光と同化したい。」
喉から手が出るほど求め、真我、あるいは、根本の創造原理(ブラフマン)との合一を目ざして、探求の道を歩み始めました。

すべてのヒトの内に在る純粋意識、神性。すなわち、サイレンス。無。
絶対の存在。実在。創造の根源。
言葉で表現され得ないもの。

これなくして、この世も人も存在しない……。
これは、海の底に例えられるでしょうか。海の底なくして、海があり得ないように。

では、どうすれば深く潜って、ずっと純粋意識と一体でいられるでしょうか。
「私は、純粋な意識だ。観照者だ」という気づきを維持できるでしょうか。
表面の波やしぶきを見ても、海という実存、純粋意識の光を観る者でいられるでしょうか。

自分側の努力として出来たことは、瞑想を規則的に続けることと、その障害になるものを一つずつ解決して取り除いていくことだけでした。
つまり身心魂のクリーニング・浄化です。実行あるのみです。
アーユルヴェーダのトリートメントは、このクリーニング修行の効果的なショートカットであり、大変役に立ちました。

そして、もう一つどうしても必要なものがあります。
絶対の存在からの恩寵、あるいはエンパワーメント(ディークシャ)とでもいいましょうか。
変容は、これによって起こり得ます。

ウチなる導きのコエ 曰く、
「プラーナーヤーマが必要です。」
言われてすぐに、伝統的な手法を習い、毎日実習するようになりました。
プラーナーヤーマは、プラーナという気のエネルギーを制御する手法です。
プラーナという生命エネルギーが増えますので、即効力があります。
もし効果が実感できない場合は、何か障害になっている原因があるので、それを見つけ解決する方法を見つけましょう。これも学びです。

さらに、「全面的な信頼(トータル・トラスト)が必要です」と。
人間不信に陥っていたこのマインドは、「信じる」が分かりませんでした。
では、「どうすれば出来るようになるのか」。
いくつもの辞書を調べ、やっと納得いく説明を見つけました。

「疑うという心的作用をしないこと。」
なるほど、今までエネルギーの浪費をたくさんしていたのだと気づきました。

と同時に、たくさんの奇跡を見せていただいたり、インドの聖地を巡礼した際、古の偉大なグルたちから恩寵がやってきたり……という体験によって、疑いは打ち砕かれていきました。

奇跡は、「すべてはひとつである」ことの証しであるから。

例えば、2014年秋、インド・ヒマラヤへの聖地巡礼のミッションを遂行したとき、ガンゴートリーという聖地(標高3048m)に再び行くことになりました。
「ここで、次の新月までの10日間、毎日10時間の瞑想と沈黙行をする必要があります」と導かれ、ただその通りに実行しました。

このとき滞在していたアシュラムで、真夜中にふと目が覚めました。
明かりが皆無だったので、目を開いても漆黒の闇。
目が何も認識しないので、何も存在していないかのような体験をしました。
ところが目を閉じると、内側はびっくりするほど眩しく光り輝いているではありませんか。

このアシュラムの亡くなられたグルジの祝福を受けて、光のエネルギーがチャージされたのだと観じられました。
この恩寵のおかげだったのでしょうか。
毎日ただ黙って10時間瞑想していることは、至福でありました。

古代インドの12歳の覚者アシュタヴァクラとジャナク王の対話を、一部紹介したいと思います。
(『エンライトメント ― ただ一つの変革』より引用。)

「ジャナクは尋ねた
 おお、師よ
 人はどうしたら、叡智に至るのでしょう?
 解放はどうしたら起こるのでしょう?
 そして、どうしたら無執着に至るのでしょう?
 どうか私にお話しください

アシュタヴァクラは答えた
 おお、愛する者よ
 解放を望むなら、情念を毒として放棄し
 寛容、無垢、慈悲、充足、真実を甘露として飲み干しなさい
 あなたは大地ではなく、風でも、火でも、水でも、精気(エーテル)でもない
 解放に至るには、自分はこのすべてを観照する意識であると知りなさい
 自らを肉体から切り離し、意識のなかにくつろげるなら
 まさにこの瞬間、あなたは幸せで、安らぎ、束縛から自由だろう」8−9頁


第2回目は、天からやってきたミッションをいくつかご紹介したいと思います。
お読みくださった方々に、たくさんの祝福が降りそそがれますように、お祈りいたします。
感謝 合掌


推薦図書
●『インテグラル・ヨーガ ー パタンジャリのヨーガ・スートラ』
 スワミ・サッチダーナンダ著、(株)メルクマール発行
●『シュリマッド・バガヴァッド・ギーター、ローマ字とカタカナに転写したサンスクリット原典とその日本語訳』 日本ヴェーダンタ協会発行
●『エンライトメント ― ただ一つの変革』OSHO講話、市民出版社発行

Profile: 加瀬 恵の実(かせ えのみ)

加瀬 恵の実さん
1961年生まれ。東京都出身。青山学院大学経営学部卒。
1984年4月、(株)日本マーケティングセンター(現在(株)船井総合研究所)入社。
1986年〜1988年まで、当時社長であった舩井会長の秘書を勤めた。
ヒマラヤからのコーリングを感じて、1988年2月に船井総研を退職し、一週間後にネパールへ旅立つ。
1年間滞在し、ヒマラヤの山々や聖地をトレッキングしたり、ネパール舞踊を学んだり。
滞在中、山で出会った足先を初期凍傷にかかっていたイスラエル人を癒やしたり、ネパールの小学校校長を務める、歩けなかったご婦人を歩けるように癒やしたり……。
2005年〜2011年12月まで、舩井会長の親しい友人でもあった弁護士の先生の秘書を、お亡くなりになるまで勤めた。

フリーになった2012年からは、天のコエに導かれるまま、ヒューマン・ゴッド・プロジェクトのミッションを遂行するため、日本各地の聖地、インド各地の聖地、スリランカ(カタラガマ、アダムスピーク)、中国(カイラス山、マナサロワール湖、梅里雪山、ナムツォ湖など)、ウガンダ・エチオピア、イスラエル、ロシア(バイカル湖、オリホン島)、アイスランド、ニュージーランド北島、アラスカなどの聖地を訪れ、各地で祈祷を捧げ続けている。

現在
『ヒーリングスペース・ムニ』
で、アーユルヴェーダトリートメントによる癒やしを提供。
ヘマドリ・アーユルヴェーダジャパン事務局を担当。
インド・リシケシへのパンチャカルマ体験ツアー等を企画したり、個人で行く方のサポートをしている。

『ヒーリングスペース・ムニ』のサイト: http://healingspace-muni.open7sesame.info/
真我の探求・聖地巡礼に関するブログ「光と祝福」: http://holyoverflows.blog.fc2.com/

バックナンバー
2017.12.10:大和心をもつヤマト人へ (加瀬 恵の実(かせ えのみ))
2017.11.10:天(存在)の意思 (加瀬 恵の実(かせ えのみ))
2017.10.10:『救い』への道 (加瀬 恵の実(かせ えのみ))
2017.09.10:海底村〜ソマチッドに囲まれた生活 (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.08.10:ツキを呼ぶこと〜真の自由、幸せ (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.07.10:奇跡はこうやって起こる (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.06.10:贅沢と、三つのない (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.05.10:働く、と、はたらく (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター