img

船井幸雄注目の “本物”に携わる人たち

このページでは、舩井幸雄が注目していた、医療、経営、農業、未来予測、占星術などあらゆる分野で活躍する“本物”と言っていい方々を紹介します。それぞれの方に毎月1回、3回ずつコラムを書いていただき、順番にいろいろな方を紹介させていただきます。

2019.06.10(第101回)
★今回の執筆者★
株式会社武蔵野免疫研究所 代表取締役/曹洞宗僧侶 吉田 八束(一艸)さん(3回目・最終回)
(吉田さんの詳しいプロフィールはページ下にあります。)
宮古ビデンス・ピローサ事業を通して“生活習慣”の重要性を問う

 前稿まで、当社が推進している宮古ビデンス・ピローサ事業を通して十分意を尽くせませんでしたが近代農業の在り方、健康食品の役割(体質改善)について考察しました。本稿では主に“生活習慣の改善”の重要性について考えてみたいと思います。

 5月12日にNHKで『NHKスペシャル 人体U遺伝子(2)“DNAスイッチ”が運命を変える』という番組が放映されました。全く同じ遺伝子を持った双子でも一人は癌になるなど生活環境や生活習慣の違いで運命が変るのです。この中で、京都大学の山中伸弥教授の話では、人のDNAの98%はゴミと考えられてきたのが、実は様々な役割を秘めており、例えばこの中の「癌を抑制する遺伝子のスイッチ」がONになるとガンになりにくくなると言うのです。
 実際、癌患者の60%の方でこの遺伝子のスイッチがOFFになっていたというから驚きです。他にも「記憶力アップ」、「音楽力アップ」、「持久力アップ」、「肥満抑制」などON、OFFスイッチは2万以上もあるそうで、昨今はこのような研究が世界中で最先端の熱気を帯びているそうです。

 私は30年この方、「生活習慣を正すことが健康生活の基本である」という信念を持って自分なりの健康事業を進めてきました。生活習慣を正す意義が、遺伝子レベルで解明できるようになったようで非常に興味深く思います。
 かねがね紹介してきた宮古ビデンス・ピローサ、これは実に不思議な素材で、お勧めしている中で癌が縮小、あるいは消失する、という現象を何例も経験しています。先の山中伸弥先生の紹介された例のように、癌抑制遺伝子のスイッチがONになったのかもしれません。
 ところで、近年はその生活習慣の重要性を意識されていない方が非常に多いようです。例えば、成人は少なくとも1日に。5リットル の水分を摂取することが必要ですが、1リットル未満の人がかなりいます。そういう人はいわゆる不定愁訴に悩む人が多い、頭痛、頭が重い,倦怠感、肩こり、腰が痛い、いらいらするなどの悩みです。これらは水分摂取量に気を付けるだけで劇的に改善されることがよくあります。
 睡眠時間や食事時間、食事と食事の間隔、入浴温度なども大切です。
 当今、多くの方が“生活習慣の重要性”に気がついていない(多くの医療機関ですら指導しない)状況は、我が国の深刻な問題の一つと言えるでしょう。近年になってようやく厚生労働省やメディアが睡眠の重要性を強調するようになってきましたが、生命活動の根本である水分すら多くの方が取れていないのが現状です。
 コーヒー、紅茶、緑茶といった利尿作用のある飲み物(嗜好品)が、さらに慢性的な脱水状態に拍車をかけています。尿の回数が一日に3〜4回で、かつ便秘という方は、毒素を排出することができていないのです。
 さらには極端に熱い・冷たい飲食をされる方が多く、これが口腔や喉(特に扁桃腺)を刺激し、IgA抗体が作られることによって免疫が暴走することが分かっています。水分を摂らずに薬を飲んでも根本的に症状が改善するはずがありません。
 そこで血流を改善し、血管を強くする作用のある宮古ビデンス・ピローサのお茶を1.5リットル飲むようにすると、通常の水分を飲むよりも速やかに健康を取り戻しやすい、ということなのです。基本は水分量なのです。
 また、近年は5〜6時間しか眠っていない方が多く、一日に必要な睡眠時間は8時間と言うと驚かれることもしばしばです。
 私たちの身体は8時間眠ることができれば、修復ホルモン(成長ホルモン)が分泌し、日々の様々なストレスや刺激で傷ついた臓器も可能な限り修復されます。逆に睡眠時間が短いと修復が不十分となり消化器や各種ホルモン分泌器官がしっかりと働けません。
 そもそも赤血球、白血球、血小板という血液を作る基本的な主な細胞も睡眠中に骨髄で作られるため、5〜6時間という短い睡眠時間では、これら全てが中途半端となり、免疫力が低下し、身体を壊すのは当然なのです。また、ガンを退治する主な免疫細胞(NK細胞)も睡眠中(副交感神経が優位になっている時間)に働くため、睡眠が短いとガンにもなりやすくなります。
 宮古ビデンス・ピローサ製品は非常に自信をもってお勧めできる“エビデンスを持った健康食品”ですが、「これさえ飲めば良い」という解釈される方がまだまだ多いようです。なぜ、症状が悪くなったのかを顧みて、生活習慣を改善しつつ、宮古ビデンス・ピローサ製品でより早く体質改善に向かっていただきたい、それが私の望みなのです。
 宮古ビデンス・ピローサが、スイッチのON、OFFに関与することがあるのかどうかはまだ今後の問題です。しかし安全性の確かなものなら「一応受入れる」ことが大切ではないでしょうか。生活環境や生活習慣には客観的な環境や毎日の過ごし方、食生活、全てが含まれます。皆さまが健康に過ごす手助けになれるよう、これからも生活習慣改善の勧めと天然物の開発に全力で取り掛かりたいと思います。

Profile: 吉田 八束(一艸)(よしだ やそく(いっそう))

吉田 八束(一艸)さん
株式会社武蔵野免疫研究所 代表取締役
曹洞宗僧侶
1945年8月岡山県倉敷市生まれ。
1972年に独立し、流通関連会社の経営を経て、1986年4月に現在の武蔵野免疫研究所を創業。優れた天然物を求めて世界各国を旅する中で、沖縄地方にて野草「ビデンス・ピローサ」と出会う。この野草について1996年5月より試行錯誤の末、独自の栽培・加工を施して「宮古ビデンス・ピローサ」を開発し、20年以上の研究開発を実施。また、2002年に発心し、出家得度して曹洞宗の僧侶として活動し、現在に至る。
バックナンバー
2019.10.10:蘇生イオンエネルギーが健康長寿の鍵!! (田中 廣治(たなか ひろじ))
2019.09.10:潜在意識とマイナスのカルマのお話(次元について) (吉野内 聖一郎(よしのうち せいいちろう))
2019.08.10:サロン運営と数霊の法則の発見 (吉野内 聖一郎(よしのうち せいいちろう))
2019.07.10:江本勝先生、舩井幸雄先生との出会い (吉野内 聖一郎(よしのうち せいいちろう))
2019.06.10:宮古ビデンス・ピローサ事業を通して“生活習慣”の重要性を問う (吉田 八束(一艸)(よしだ やそく(いっそう)))
2019.05.10:宮古ビデンス・ピローサの研究データの紹介〜健康食品の意義を問う〜 (吉田 八束(一艸)(よしだ やそく(いっそう)))
2019.04.10:宮古ビデンス・ピローサ事業を通して現代農法に問う (吉田 八束(一艸)(よしだ やそく(いっそう)))
2019.03.10:『世界144000人の平和の祈り』について (小川 雅弘(おがわ まさひろ))
2019.02.10:2019年は、弁財天が福を招く! (小川 雅弘(おがわ まさひろ))
2019.01.10:舩井幸雄会長との出会い (小川 雅弘(おがわ まさひろ))
2018.12.10:マコモの仕事は神様に届く大切な任務 (小野寺 光広(おのでら みつひろ))
2018.11.10:マコモと微生物で未来を広げよう! (小野寺 光広(おのでら みつひろ))
2018.10.10:マコモが傷ついた白鳥の命を救った! (小野寺 光広(おのでら みつひろ))
2018.09.10:人との出会いがご縁を結ぶ3 (大津 幸三(おおつ こうぞう))
2018.08.10:人との出会いがご縁を結ぶ2 (大津 幸三(おおつ こうぞう))
2018.07.10:人との出会いがご縁を結ぶ (大津 幸三(おおつ こうぞう))
2018.06.10:「脳と腸」は全身の司令塔である(健康維持のトライアングル) (神津 健一(こうづ けんいち))
2018.05.10:心の病・認知症に期待されるK・リゾレシチン(原料名)のエビデンス (神津 健一(こうづ けんいち))
2018.04.10:日本人の不名誉な5大世界一 @病院好き Aクスリ好き Bレントゲン好き C寝たきり老人 D食品添加物(1500種類以上) (神津 健一(こうづ けんいち))
2018.03.10:カタカムナの奇跡 (丸山 修寛(まるやま のぶひろ))
2018.02.10:薬に代わるもの クスリエ (丸山 修寛(まるやま のぶひろ))
2018.01.10:カタカムナ奇跡 (丸山 修寛(まるやま のぶひろ))
2017.12.10:大和心をもつヤマト人へ (加瀬 恵の実(かせ えのみ))
2017.11.10:天(存在)の意思 (加瀬 恵の実(かせ えのみ))
2017.10.10:『救い』への道 (加瀬 恵の実(かせ えのみ))
2017.09.10:海底村〜ソマチッドに囲まれた生活 (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.08.10:ツキを呼ぶこと〜真の自由、幸せ (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.07.10:奇跡はこうやって起こる (田中 清一郎(たなか せいいちろう))
2017.06.10:贅沢と、三つのない (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.05.10:働く、と、はたらく (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.04.10:出会いと気づき (伊藤 好則(いとう よしのり))
2017.03.10:光冷暖への歩み6 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.02.10:光冷暖への歩み5 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2017.01.10:光冷暖への歩み4 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.12.10:光冷暖への歩み3 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.11.10:光冷暖への歩み2 (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.10.10:光冷暖への歩み (二枝 たかはる(ふたえだ たかはる))
2016.09.10:老いと死を意識して“いまを生きる力”を最大限に発揮する!――いのちの管理者であるあなたこそ人生の主役 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.08.10:生死同源 (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.07.10:レット・イット・ゴー(あるがままに) (篠原 佳年(しのはら よしとし))
2016.06.10:「イメージパワー」で世界を変える! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.05.10:「気」で潜在脳力を引き出す! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.04.10:「音」で右脳を目覚めさせる! (山岡 尚樹(やまおか なおき))
2016.03.10:新生地球を創るのは私たち (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.02.10:新生地球を生きるためのクリーニング (山内 尚子(やまうち なおこ))
2016.01.10:新生地球を楽しくスタートするために (山内 尚子(やまうち なおこ))
2015.12.10:未来の光エネルギー (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.11.10:『電磁波、農業、音響への応用』について (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.10.10:次元の高い波動エネルギーの原理原則の一つ 〜『バランスコントロール』について〜 (末廣 淳郎(すえひろ じゅんろう))
2015.09.10:Enex商品総仕上げ(ナノ) (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.08.10:舩井幸雄先生との出逢い (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.07.10:天然鉱石をEnex特殊加工 (大畠 昌幸(おおはた まさゆき))
2015.06.10:大いなる自己が言う「現在の地球の現状」 (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.05.10:大いなる自己との対話で学んだこと (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.04.10:本物を求めて… (天野 聖子(あまの せいこ))
2015.03.10:“本物”のテンポは人生を変える (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.02.10:“本物”を創りだすテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2015.01.10:本物だけが持つテンポ (片岡 由季(かたおか ゆき))
2014.12.10:つながりを知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.11.10:明日を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.10.10:自分を知る (政木 和也(まさき かずや))
2014.09.10:人生を支えてくれた、思い、知恵、感情、夢。 (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.08.10:元気な体づくりは、電気信号から (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.07.10:サクラが科学の常識を変えた (近藤 和子(こんどう かずこ))
2014.06.10:ダイエットの新常識と、脳の活性化で人生は充実したものとなる (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.05.10:体が若返ると病気は自然に治る。 (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.04.10:細胞を元気にすれば、体のトラブルの9割は改善する (龍見 昇(たつみ のぼる))
2014.03.10:徒然物語 シメククリの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.02.10:徒然物語 ツヅキの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2014.01.10:徒然物語 ハジメの一話 (岡田 多母(おかだ たも))
2013.12.10:カルシウム不足解消こそ健康への近道 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.11.10:カルシウムは食べるように摂るのが理想 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.10.10:2500万年前から現代人への贈り物 〜真空カルシウム〜 (鹿本 剛(しかもと つよし))
2013.09.10:カリカから、本物を学ぶ 〜本物を知ることで、人は・・・正直になれる (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.08.10:科学的根拠を追求することで、“本物”とは何かを知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.07.10:野性のパパイアから、本物を知る (今尾 充子(いまお みつこ))
2013.06.10:綾からの発信 〜その3 母としての一筋の道〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.05.10:綾からの発信 〜その2 本ものへの道のり〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.04.10:綾からの発信 〜その1 本ものの定義〜 (郷田 美紀子(ごうだ みきこ))
2013.03.10:世界経済はなぜ不安定化したのか (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.02.10:500年のサイクルで世界を見てみる (力石 幸一(ちからいし こういち))
2013.01.10:情報とメディアの切っても切れない関係 (力石 幸一(ちからいし こういち))
2012.12.10:地球生態系の循環を考慮した新しい社会構想を考える (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.11.10:現在の社会構造 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.10.10:地球生態系の中の人類 (木内 鶴彦(きうち つるひこ))
2012.09.10:触ればわかる ― 触診 (森 美智代(もり みちよ))
2012.08.10:スピリチュアル気功 (森 美智代(もり みちよ))
2012.07.10:少食は世界を1つに、地球を天国にする (森 美智代(もり みちよ))
2012.06.10:すべては心のウチに (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.05.10:体の中の森 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.04.10:森林王国への道 (近藤 洋一(こんどう よういち))
2012.03.10:日本が誇る「メタマテリアル」技術! (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.02.10:過去は変わると知っていますか? (清水 美裕(しみず よしひろ))
2012.01.10:22世紀へ続く科学を求めて (清水 美裕(しみず よしひろ))
2011.12.10:医療における死生観 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.11.10:胎内記憶 (池川 明(いけがわ あきら))
2011.10.10:赤ちゃんと会話しながらお産する(池川 明(いけがわ あきら))
2011.09.16:念ずれば花ひらく 〜「花ひらくまで念ずる」〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.08.12:外と内の世界をつなぐ大切な“お口”〜KAZUデンタルのお口の中は小宇宙〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.07.10:〜はじめまして〜(平良 和枝(たいら かずえ))
2011.06.10 :EMによる原子力発電所における高濃度放射能汚染対策と使用済燃料の高度利用の可能性について
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性B〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.05.10:EMによる地域全体の放射能汚染対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性A〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.04.11:EMによる被曝対策
〜放射能対策に関するEM(有用微生物群)の可能性〜(比嘉 照夫(ひが てるお))

2011.03.10:発明と愛は脳が喜ぶ(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.02.10:船井理論は頭をよくする(矢山 利彦(ややま としひこ))
2011.01.01:脳、気功、武道、クオンタムシフト(矢山 利彦(ややま としひこ))
成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター