船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
「天の理」への道
2016.10.12(Wed)
社名:(株)本物研究所
名前:佐々木 信一

みなさん、こんにちは。

いよいよ「舩井フォーラム2016」も今週末となりました。
本年も、魅力あふれる、そしてこれからの「より良い世の中つくり」
の羅針盤となる講師の皆さまとともに、私も会場で皆さまをお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、ここ最近、「地球家族」の河合勝氏とのご縁が深まり、弊社グループの「51コラボ」でもセミナーを開催しております。

河合先生とのご縁が深まったのは他でもなく、私なりの「故舩井幸雄の“原点”へのアプローチ」でした。

舩井幸雄は30年ほど前に「直感力研究会」を立ち上げておりました。
それはなぜか?
というところに、私なりに興味がひかれたのです。

立ち上げに際し、さまざま目的はあったかとは思いますが、その中でも

「天の理」という「本当の真理」を追究、研究しようとしたためだったそうです。

河合先生は、当時大手石油会社の役員をなさっておられましたが、舩井とのご縁で直感力研究会へ参加者として招待され、そこで「天の理」を伝える講師として招かれた「知花俊彦氏」と出会い、価値観が一変し、その後、知花氏とともに「天の理」を伝える道を歩まれました。

現在、知花氏が他界されているため、「天の理」を伝える、数少ない伝道師の一人が河合先生なのです。

河合先生は、「天の理」へつながるために必要な「直感」「啓示」「閃き」は「知識」ではなく心の中から湧いてくる「知恵」であり、いくら「知識」を詰め込んでもたどり着く事はできないとおっしゃいます。


この9月から世の中の価値が一変し、新しい理想社会へ変化していくようです。

この激動の時期をスムーズに移行するために不可欠なのが
舩井幸雄が追い求めた“ほんものの知恵”である“天の理”です。

ご興味のある方ぜひこちらの動画をご覧ください。
https://youtu.be/oxVvw8k3ARQ

更にご興味のある方はコチラをご覧ください。
http://51collabo.com/?page_id=4833

全知全能の天の理は、どこか別の場所にあるわけではありません。
他でもなく、わたしたちひとり一人の中に必ず存在しています。
それを知恵として導き出すか、そのまま眠らせておくか。

ぜひ、新しい理想社会の幕開けをともに歩んでいけたらと思っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。


2周目:「春の体調管理について」
3周目:「“まごころ”の輪」
4周目:「被災地訪問報告」
5周目:「こころの支援」
6周目:「福島訪問で感じたこと」
7周目:「身近な生姜で冷え対策」
8周目:「腸内環境の重要性」
9周目:「食について思うこと」
10周目:「祈りのチカラ」
11周目:「「役割」と「使命」」
12周目:「日頃からの防災意識」
13周目:「〜大自然からの贈り物〜」
14周目:「復興支援のカタチ」
15周目:「春のお悩み対策」
16周目:「地球ヴィジョンクリエイター 白鳥哲氏の“ヴィジョン”」
17周目:「イヤシロチ化を実感」
18周目:「「こだわり」と向き合う」
19周目:「「カタ」の大切さ」
20周目:「映画 うまれる」上映会に参加して」
21周目:「『未来への言霊』読んで感じたこと」
22周目:「電磁波をコントロールしてより健康になる!?」
23周目:「「現場力」アップの秘訣!?」
24周目:「自然との一体化」
25周目:「「姿勢」の大切さ」
26周目:「カラダのメンテナンス」
27周目:「意識進化のための高速学習装置」
28周目:「つながり」
29周目:「薬の裏側!?」
30周目:「ジク」
31周目:「人のつながり」
32周目:「ふるさと」
33周目:「地磁気」
34周目:「本当の自分を見つける方法」
35周目:「腸内の新情報!?」
36周目:「3つの“首”をあたためる」
37周目:「陰陽のバランスでエネルギーが満ち溢れる!」
38周目:「お互いの「違い」を理解しあうパートナーシップ」
39周目:「舩井幸雄記念館 桐の家を訪れて」
40周目:「問題の根源にあるもの、見ていますか?」

バックナンバー
バックナンバー
2017年
2017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.11 ・2016.10 ・2016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

本物研セミナー メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com 舩井幸雄のツイッター