船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
数霊セラピーシステムQ&A
2020.8.7(Fri)
社名:(株)本物研究所
名前:星 祐作

本物研究所から発売になりました、数霊REIWA。
おかげさまで、たくさんの方にご購入いただき、大人気でございます。

数霊REIWAについては、こちらをご覧ください。
http://www.funaiyukio.com/shain/index.asp?sno=202007003

今回は、Q&Aを掲載しますので、どうぞご覧ください。

数霊システム よくあるご質問集(Q&A)

Q・数霊システムで、病気を治すことができるのですか?
A・数霊システムは、潜在意識の中に持っているネガティブな情報を拾い出して、波動水を作るための装置です。その波動水を飲むことで、潜在意識のバランスを整え、意識を活性化することで、その人が持っている能力を発揮できるようにするためのものです。治療器ではありませんので、その点を十分ご理解戴いた上でご使用ください。

Q・波動を転写する水は、どの水が良いのですか。
A・波動転写する水は、できるだけ水以外の成分を含んでいないものが良いです。 そういう意味においては、蒸留水が一番適しています。ミネラルウォーターを使う場合は、国産の軟水表示がある、出来るだけミネラル分の少ない水を選んでください。浄水器は、塩素を除去後セラミック等で活性化させるものであれば使えます。水道水は、波動転写には向いてないようです。

Q・波動水の飲み方は、いつ飲むと一番効果が高いですか?
A・波動水の基本的な飲み方は、朝昼晩1日に三回コップ1杯ずつ飲みます。飲む時間や食前・食後などこだわらなくても大丈夫です。また、飲む量も1日500mlが基本の量ですが、それ以上たくさん飲んでも問題ありません。 夜飲むと眠れなくなる場合は寝る前に飲むのは控えた方が良いでしょう。そして、波動水を飲むときは、水が記憶している波動情報を感謝しながら受け取る意識で飲むことにより、効果が出やすくなります。

Q・測定したコードで作ったお水は、測定したその日だけ飲んだ方がいいのでしょうか?次の日以降に飲み続けても意味のあるものなのでしょうか?
A・1回測定して拾い出した情報は、しばらくの間効果があります。2〜3週間飲んでも効果はありますが、少しずつその効果は弱くなりますので、数霊システムをお持ちであれば、毎日測定して新しい情報を転写したほうが効果的な波動修正が行えます。

Q・ヒーリングの時間はどの位行えばいいですか?
A・ヒーリングの対象がどのような状態であるかによってかなり幅がありますが、基本的に、夜寝ている時間にヒーリングを行うのが効果的ですので、7〜8時間が目安になります。

Q・測定を受ける人の写真がない場合、他の方法があれば教えてください。
A・ご本人のお写真で測定とヒーリングができますが、写真が無い場合、ご本人の名前を書いた文字でも出来ますが、生年月日と現住所も入れておいた方が良いと思います。測定を受けるご本人を特定するための情報が揃っていれば、文字で測定できます。ヒーリングの場合は、ご本人の承諾を得てから行ってください。

Q・写真でセラピーする場合の写真の向きは、プリントされた面は機械の下向き、あるいは上向き、どちらが良いのでしょうか?
A・写真は上向きにして、誰の測定を行っているのか分る状態にしてください。コンピューターの自動測定ですが、操作している人の意識が、測定の結果に影響します。そのために、測定を受けている人の顔が判る状態にしておいた方が効果的な測定を行えます。遠隔ヒーリングをする場合は、必ずご本人かご家族の了解を貰ってから、行う様にしてください。

Q・波動水を飲んで、好転反応が出ることはありますか?
A・一時的に身体がだるくなったり、眠くなったりすることは、時々あるようです。でも、それほど長くは続きませんので、ご安心ください。そのような状態になった時は、波動水が効いているときです。日常生活に支障がある場合は、飲む量を減らすか、しばらく飲むのを控えてください。

Q・浄霊もできるのでしょうか?
A・霊的なエネルギーに対して働きかけることは、危険ですので、今のところそのような使い方としては紹介をしていません。

Q・ホメオパシーで使う砂糖玉に転写しても、効果はあるのでしょうか? 私は、あまりお水を飲めないので、できれば砂糖玉に転写したいのですが、効果は水と変わらないのでしょうか?
A・波動転写を行う場合は、基本的に水を使うことをお薦めしています。ホメオパシーの砂糖玉に転写しても効果はあります。水と砂糖玉の比較試験は行っていませんが、同じくらいの効果はあると思います。

Q・水だと2リットルのペットボトル位まで転写できますか? お弁当なども転写できますか? 転写水を郵送できますか?
A・お水に転写する場合は、容器の一部が本体の波動発信部分(中央のLED部分)に当たっていれば大丈夫です。大きい容器の場合、本体の上に乗せるのが困難ですので、本体を容器の横に当てて転写してください。 お弁当にも転写できますが、容器がアルミなどの金属では転写できません。プラスチックやガラスなどの容器であれば可能です。 転写したお水を郵送する場合は、容器をアルミホイルで包むか、アルミ蒸着したジップパックの袋などに入れて送ってください。太陽光線や電磁波の影響を遮断する効果があります。

Q・波動水を飲む場合は、毎日そのつど測定してそれを転写して飲んだほうが良いのか?
A・一番新しい情報が、一番効果が高いので、毎日測定してその情報を転写するのが効果的です。お水は、蒸留水が適していますが、市販のミネラルウォーターでも大丈夫です。転写した水を希釈せずに、そのまま飲んでください。

Q・測定モードで、エーテル測定とアストラル測定があります。これらの意味を教えてください。
A・エーテル測定は、測定を受ける人のエーテル体を中心にして、波動情報を拾い出すモードです。アストラル測定は、アストラル体を中心にして、波動情報を拾い出すモードです。簡単に説明すると、エーテル体は潜在意識の浅い領域で、アストラル体は潜在意識の深い領域を指しています。

Q・測定回数が、多いほど効果の高い波動水を作れるのでしょうか?
A・測定回数が多いほど、効果の高い波動水を作ることができます。ただし、測定時間と転写時間が長くなりますので、朝出かける前など時間があまりない時に作ったりする場合は、出来るだけ少ない回数を選んでください。

Q・パワーストーン、ブレスレットなど様々な物や食品などのエネルギー調整は、出来ますか?
A・メニューの中の「家土地のエネルギー」を選択して、測定、転写してください。パワーストーンなどは、ヒーリングに使ったあとネガティブエネルギーを吸っている時がありますので、そのようなエネルギーを解消することが出来ます。食べ物に関しても、エネルギー調整を行うことで、味が良くなる効果があります。

Q・部屋のエネルギーを浄化する時も、写真を使って測定するのでしょうか?
A・ひとつの部屋だけを、空間浄化するのであれば、その部屋の中央あたりに数霊システムを設置して、何も乗せずに測定をして、そのままヒーリングをしてください。もちろん、写真を使っても大丈夫です。

Q・数霊システムで、大勢の人や物の測定をした場合、測定をした相手のエネルギーの影響を受けることはありませんか?
A・エネルギー的に強い物や、エネルギーの乱れが多い人を測定した場合、その影響を受けることがあります。また、普通の測定だけでも、毎日測定していると、気づかないうちにネガティブなエネルギーが装置の中に溜まってしまいますので、定期的にセルフヒーリングを行うことをお薦めいたします。数霊システムの本体装置の写真をプリントアウトして、その写真を載せて「家土地のエネルギー」メニューで、測定&ヒーリングをしてください。

Q・数霊システムを操作して測定を行う時に、操作している人の意識は、測定結果に影響しますか?
A・波動情報は、4次元・5次元の意識の世界の情報ですので、正確な情報を測定できるように意識しながら、測定した方が正確な測定が行えるようです。また、測定を受けている人の守護霊様に測定のサポートをお願いすることで、より効果的な測定結果を得られます。


2周目:「働くことに関する本音」
3周目:「人間としての性質」
4周目:「自動反応について」
5周目:「国会答弁を聞いて感じたこと」
6周目:「1日のリズムをスムーズに進めるには」
7周目:「自分を受け入れる」
8周目:「食事について」
9周目:「スターウォーズを見て思ったこと」
10周目:「6/2(土)にんげんクラブ関西大会(in京都)に遊びにきませんか?」
11周目:「健康と夢を叶える蘇生の風」
12周目:「ゆるすということ」
13周目:「楽しく仕事をするために」
14周目:「カウンセラーが一番お得なんです」
15周目:「薬を使わない医師 宮島先生」
16周目:「心と身体の処方箋」
17周目:「人前で話すことの効用」
18周目:「カウンセリングで大切なこと」
19周目:「自分の再発見」
20周目:「私のおすすめ断食健康法」
21周目:「年初に感じた、自然の偉大さ」
22周目:「自然に融合する東洋医学の叡智」
23周目:「電磁波と陰陽五行」
24周目:「ココロの病の対処法」
25周目:「教育の場にカウンセリングを」
26周目:「自然の中で生きる 〜サーフィンから学ぶこと〜」
27周目:「映画『日本と原発』を観て」
28周目:「びっくり現象 〜光冷暖システム〜」
29周目:「波動について」
30周目:「大いなる自己との対話」
31周目:「占い師・風水師から学ぶ方法と視点」
32周目:「電磁波と地磁気について」
33周目:「本好きが書く文章」
34周目:「地磁気2」
35周目:「歴史探訪」
36周目:「自業自得について考える」
37周目:「マコモのご紹介」
38周目:「牡蠣エキスとこむら返りの関係」
39周目:「舩井幸雄記念館〜熱海の土地の波動〜」
40周目:「「代償の先払い」という考え方」
41周目:「2016年の動向」
42周目:「定義すること」
43周目:「陰陽五行と言霊学という考え方」
44周目:「手段と目的」
45周目:「伝えることの効用」
46周目:「アース」
47周目:「糖化について」
48周目:「お祓いと言霊」
49周目:「ユニークな人たちに囲まれて」
50周目:「天才の共通項」
51周目:「読書感想文 【新装版】即時業績向上法 「つき」を呼ぶ原則経営のすすめ」
52周目:「祓いの実践」
53周目:「祓いの実践A」
54周目:「ファスティング実践」
55周目:「ライブについて」
56周目:「個別指導がうける理由」
57周目:「即時処理」
58周目:「役割に感謝」
59周目:「アマゾンの秘薬 コパイバマリマリ」
60周目:「滝沢泰平氏&長典男氏の講演会を終えて」
61周目:「矢山クリニックを訪ねて」
62周目:「油断大敵」
63周目:「マイナスの感情の癒し方」
64周目:「目に見えないけど大切なもの」
65周目:「音を健康に生かす」
66周目:「光冷暖システム2」
67周目:「波動で人生にミラクルを」
68周目:「大河ドラマ「いだてん」の事例からみる、船井流」
69周目:「夏におススメの“ほんもの”商品」
70周目:「台風15号の爪痕」
71周目:「毎月10日は糖化の日」
72周目:「ジオパシックストレス」
73周目:「数霊セラピーシステム」
74周目:「地球規模の問題に関する考察」
75周目:「麻の効用」
76周目:「危機的状況にこそ人柄がでる?」
77周目:「新商品「数霊REIWA」」
78周目:「数霊REIWAのご紹介」

バックナンバー
バックナンバー
2020年
2020.09 ・2020.08 ・2020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

塚澤健二氏新著発売記念 特典音声プレゼント!「暴落はまだ終わっていない」 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野51.com