船井幸雄グループ社員の、日々もの思い、考へる

このページは、船井本社グループスタッフによるコラムページです。 「これからは“本音”で生きるのがよい。そのためには“本物の人間”になることが大事」という舩井幸雄の思想のもと、このページでは、社員が“本物の人間”になることを目指し、毎日の生活を送る中で感じていること、皆さまに伝えたいことなどを“本音ベース”で語っていきます。

書:佐野浩一
船井幸雄グループ社員の日々もの思ひ、考へる あの社員の一日を公開!
自分を整える
2021.4.12(Mon)
社名:(株)本物研究所
名前:両角 真理子

こんにちは。
東京では桜の花も散り、新緑の中、少しひんやりとした風が爽やかさを感じさせてくれる季節になりました。

皆さんは日頃どのように“自分を整えて”いますか?
“自分を整える”といっても、色々な場面に合わせた“整える”があると思います。そして、人によって“整える”方法も様々だと思いますが、最近、私が“自分を整えたい”と思う時に共通して意識するキーワードがあることに気づきました。それは、“自分の時間”と“自分のペース”を取り戻す。

プライベートな時と、仕事をしている時とでは、“自分の時間”と“自分のペース”も多少求めている“心地いい”は異なるのですが、キーワードは共通していてとってもおもしろいな、と感じています。

さて、今日は“自分を整える”グッズについてです。
ご存じの方も多いかもしれません。

「純正律」という音律についてです。

この「純正律」は「本当にハモる和音」を奏でるために調整された音律なのだそうです。
私たちが普段耳にする音楽の90%は「平均律」という音律で旋律の美しさや音の響きよりも、演奏のしやすさや、楽器の大量生産を可能にするために普及した音律だそうです。

和音が美しく調和する「純正律音楽」はハーモニーも美しく、脳波測定でも究極のリラックス状態になることが実験でわかっていたり、聴かれた方の中には耳鳴りが消えたり、不眠が治ったりもしているそうです。

音が私たちに与える効果というのはすごいなとあらためて感じるのですが、映画やテレビなどで観客にショックを与える場合、一定のリズムの流れをだんだん音量や速度をあげていき、唐突にスパッと止めるという技法もあるのだそうです。
普段、どんな音を耳にしているのか、はもしかしたらとっても重要なのかもしれません。

さて、私は「純正律音楽」を聴いていると、体にす〜っと音が流れていく感じがして、とっても心地よくて、自然体の自分に調整されていくような感覚になります。

弊社でもテレワークの導入とともに、自宅での時間が増えました。プライベートな時間と仕事の時間、色々な方法で“自分を整えて”いますが、最近では「純正律」を楽しんでいます。
下記は、純正律のことと、実際に純正律音楽が聴けるCDブックです。

「完璧な和音」が自律神経を整える
耳鳴り・不眠・高血圧に効く「純正律」CDブック
(福田六花氏著・出版:マキノ出版)

iTunesでも検索するといくつか出てきますので、
もしよろしければ、書籍と合わせて日々の“自分調整”に聴かれてみてください。


2周目:「私の夢」
3周目:「いま思うこと」
4周目:「「伝える」と「伝わる」」
5周目:「出逢いからいただいたこと」
6周目:「未来のエネルギーを考える」
7周目:「本来の潜在能力を活かす香り」
8周目:「最近思うこと 〜ザ・マネーゲームからの脱出〜」
9周目:「1日を感じてる」
10周目:「「ほんもの商品」ストーリー」
11周目:「わたしの東京探訪」
12周目:「Finding flow!(フローの発見)」
13周目:「ご縁は特別なプレゼント」
14周目:「象さんのこどもも本当にお鼻が長いの?」
15周目:「日本人の絆」
16周目:「感じてますか?」
17周目:「水からのプレゼント」
18周目:「「幸働観(こうどうかん)」から学ぶ」
19周目:「合気道はじめました!」
20周目:「今を活かす」
21周目:「私が自分らしくいるために」
22周目:「株式会社本物研究所 企業理念“ほんもの”で笑顔をつなぐ」
23周目:「本物時代を感じながら……」
24周目:「心の声を聴く」
25周目:「人間関係について」
26周目:「より純粋に素直に感じる」
27周目:「いま私にできることを大切にしたい」
28周目:「光の療法 アーク光線治療器」
29周目:「現代ストレス社会の救世主!?」
30周目:「自分らしく生きるコツ」
31周目:「豊かさを生み出す季節!?」
32周目:「長所と短所」
33周目:「自分らしさに気づくために」
34周目:「あたえられているものに気づく」
35周目:「“涙活”で心のデトックス」
36周目:「オリエンタルベジを学びはじめました!」
37周目:「魔法の飲みもの“白湯”」
38周目:「菜食で心を整える」
39周目:「幸せになる勇気」
40周目:「しなやかな人間関係」
41周目:「癒しの時」
42周目:「しんさいニート」
43周目:「しなやかな心」
44周目:「“麻の実”で味噌づくりワークショップを行いました!」
45周目:「チームワーク」
46周目:「見えない価値をつかむ」
47周目:「舩井幸雄が想いを込めた本物商品」
48周目:「無意識の中にある気づき」
49周目:「10月28日(土)ブレイン(脳)フェスタ2017!〜あなたの脳が喜ぶ4way アプローチ〜」
50周目:「「食」を見つめる」
51周目:「「アミ 小さな宇宙人」が教えてくれたこと」
52周目:「数字のエネルギー」
53周目:「白鳥 哲監督の『リーディング〜エドガー・ケイシーが遺した人類の道筋〜』がまもなく公開。」
54周目:「からだは友だち」
55周目:「舩井フォーラム ザ・ファイナルを終えて」
56周目:「本物研究所「感謝祭2018」を開催いたします。」
57周目:「時を刻む幸せの一端」
58周目:「洗剤がいらないお洗濯にわくわく♪」
59周目:「日常の中にあるスピリチュアル」
60周目:「はじめての重ね煮」
61周目:「“私らしく”をめざして」
62周目:「クリスマスプレゼントに想いを込めて」
63周目:「“ほんもの”未来フォーラム開催いたします!」
64周目:「いじめが終わる方程式」
65周目:「ご縁からご縁をつなぐ」
66周目:「真の『プラス発想』を学ぶ」
67周目:「“日々成長”をめざして」
68周目:「私にもできること……」
69周目:「運は自分で引き寄せられる!」
70周目:「自分の役割を大切に思う」
71周目:「愛に溢れる未来への一歩」
72周目:「それぞれの幸せを大事に」
73周目:「「蘇生II〜愛と微生物〜」を鑑賞いたしました。」
74周目:「“いま”から“未来”を。“未来”から“いま”を」
75周目:「つながりを想う」
76周目:「喜びの中に生きる」
77周目:「ハイパーソニック・サウンドで自宅のイヤシロチ化」
78周目:「お話を聴く…ということ」
79周目:「自身の強みをいかす」
80周目:「痛みを願いにできたら……」
81周目:「エフォートレスな生き方」
82周目:「マラソンに挑戦しました」
83周目:「一人では生きられない」
84周目:「ギャラクシーコードがすごい!」

バックナンバー
バックナンバー
2021年
2021.05 ・2021.04 ・2021.032021.022021.01
2020年
2020.122020.112020.102020.092020.082020.072020.062020.052020.042020.032020.022020.01
2019年
2019.122019.112019.102019.092019.082019.072019.062019.052019.042019.032019.022019.01
2018年
2018.122018.112018.102018.092018.082018.072018.062018.052018.042018.032018.022018.01
2017年
2017.122017.112017.102017.092017.082017.072017.062017.052017.042017.032017.022017.01
2016年
2016.122016.112016.102016.092016.082016.072016.062016.052016.042016.032016.022016.01
2015年
2015.122015.112015.102015.092015.082015.072015.062015.052015.042015.032015.022015.01
2014年
2014.122014.112014.102014.092014.082014.072014.062014.052014.042014.032014.022014.01
2013年
2013.122013.112013.102013.092013.082013.072013.062013.052013.042013.032013.022013.01
2012年
2012.122012.112012.102012.092012.082012.072012.062012.052012.042012.032012.022012.01
2011年
2011.122011.112011.102011.092011.082011.072011.062011.052011.042011.032011.022011.01

ほんものワイン原産地ジョージア 舩井幸雄 永久不滅9つの金言 成功塾説法 舩井幸雄動画プレゼント 高島康司先生の「日本と世界の経済、金融を大予測」 メールマガジン登録 舩井メールクラブ 佐野浩一note